住友生命、企業向け新保険 17年ぶり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住友生命保険ががんなど3大疾病を支払い対象とする業界初の企業向け団体保険を4月に発売することが18日、分かった。

病気を抱える従業員の治療と仕事の両立を支援するため、代わりの人を雇う費用などを補償する特約をつける。

人手不足が深刻化する中、従業員の健康に配慮した職場をアピールしたい中小企業を中心に売り込みたい考え。

​同団体保険は、がんと急性心筋梗塞、脳卒中の3大疾病になった従業員に対し、治療費などとして1人当たり最高1,000万円の保険金を支払う。

業界初の試みとして特約で企業に対して、治療中の従業員の仕事を代わった同僚の残業代や代わりの人を雇う費用を補償する。
治療しながら仕事を続ける従業員向けの相談窓口の設置費用、社内のバリアフリー改修費用に充てることもできる。

(フジサンケイビジネスアイ 2018/03/19)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-2-26

    明治安田 中高年の研修に注力

    2019年度から定年を65歳に延長する明治安田生命保険。 働き手の減少と業務量の増加が進む中で活躍…
  2. 2018-12-13

    生保各社、外貨建て保険の利回り見える化 ガイドライン改定へ

    利回り見える化 日本生命保険や第一生命ホールディングスなど生保各社は、運用商品に近い性質を持つ外貨建…
  3. 2017-6-27

    次世代を支援

    「​10年前に会社を設立した時、常に社員に寄り添おうと誓った」と振り返るのは、25日にライフネット生…
  4. 2017-12-19

    日生出資のインドネシア生保 中間層開拓新規契約3倍

    日本生命保険が20%出資するインドネシアの生命保険「セクイスライフ」は中間所得層の開拓を加速、201…
  5. 2017-6-7

    日生、営業ノウハウ移植

    日本生命保険は2017年度中に、出資先であるインドネシアのセクイスライフの全拠点約200カ所に両社で…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る