住友生命、企業向け新保険 17年ぶり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住友生命保険ががんなど3大疾病を支払い対象とする業界初の企業向け団体保険を4月に発売することが18日、分かった。

病気を抱える従業員の治療と仕事の両立を支援するため、代わりの人を雇う費用などを補償する特約をつける。

人手不足が深刻化する中、従業員の健康に配慮した職場をアピールしたい中小企業を中心に売り込みたい考え。

​同団体保険は、がんと急性心筋梗塞、脳卒中の3大疾病になった従業員に対し、治療費などとして1人当たり最高1,000万円の保険金を支払う。

業界初の試みとして特約で企業に対して、治療中の従業員の仕事を代わった同僚の残業代や代わりの人を雇う費用を補償する。
治療しながら仕事を続ける従業員向けの相談窓口の設置費用、社内のバリアフリー改修費用に充てることもできる。

(フジサンケイビジネスアイ 2018/03/19)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-3

    3.お金の増やし方・使い方・守り方

    3つのテーマですが、最初『ふやす』というところから見ていきます。 ふやす時に、ここで大事なのは、『…
  2. 2017-5-24

    お客さまに「あなたに任せる」と言わせる快感

    ~お客さまに「あなたに任せる」と言わせる快感~ ゴールは、オーダーメイドの総合保障提案の加入と紹介…
  3. 2017-3-27

    大手生保4G 外貨建て投入 相次ぐ

    大手生命保険4グループ(4G)は、2017年度の金融機関窓口販売戦略を見直している。  4G合計の…
  4. 2017-2-27

    2.クロスセルを考えて行動する

    生命保険の販売では、商品を売るというよりもお客さまの人生をサポートするといった大きな使命感が必要です…
  5. 2017-2-23

    ③ 老齢基礎年金・老齢厚生年金

    1.公的年金制度の基礎知識  ③ 老齢基礎年金・老齢厚生年金 老齢基礎年金 国民年金は、20歳か…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る