実費カバーの医療保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

​実費医療保障タイプの医療保険として、ソニー損保「ZiPPi」、ネオファースト生命「ネオdeちりょう」、ライフネット生命「じぶんへの保険プラス」、富士火災「みんなの健保」を紹介。

​民間の医療保険は入院1日当たり5000円、1万円といった保険金が出る「入院日額」タイプが多い。生命保険文化センターのアンケート調査によると、医療保険の入院日額は平均9900円で、実費がこれを超えると保険金だけではカバーしきれない。

スポンサーリンク


 「実費保障」タイプはほぼ不足のない保険金が出るのが特徴。

■ソニー損保「ZiPPi」 2017/1発売 インターネット専用商品。差額ベッド代も上限付で保障

■ネオファースト生命「ネオdeちりょう」 2016/3発売 外来手術の医療費も保障。入院時に一時金、無事故給付金もあり

■ライフネット生命「じぶんへの保険プラス」 2012/10発売 入院前後の一定期間は外来医療費も実費の半額を保障。がん一時金あり

■富士火災「みんなの健保」 2010/10発売 入院諸費用特約で差額ベッド代、ホームヘルパー費用などを保障

(日本経済新聞  2017/03/04)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-8-22

    生保、財務基盤を強化 健全性算出法変更に備え

    生命保険会社の健全性を示す指標である「ソルベンシー・マージン比率」の算出方法変更に備え、生保各社が財…
  2. 2017-3-1

    2.創業期

    法人にも人と同じように創業して、生まれて成長し、成熟して次世代にバトンタッチするというようなライフサ…
  3. 2017-6-20

    日生傘下でノウハウ共有(豪同業MLC現地事業拡大に意欲)

    日本生命が2016年10月に買収完了したオーストラリアの生保会社、MLCのデビット・ハケットCEOは…
  4. 2018-1-19

    新春インタビュー直球緩球(第一生命HD 稲垣精二社長)

    日米にフィンテック開発拠点 ​--昨春の社長就任後、新たに見えてきた課題は 「当社が目指すのはグ…
  5. 2018-6-22

    大同生命が米ベンチャーファンドに11億円投資

    ​T&Dホールディングス傘下の大同生命保険が米国のベンチャー企業ファンドへの約11億円の投資を決めた…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る