株主総会賛否 進む開示 信託銀や生保 投資先個別に 「顧客優先」強調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

信託銀行や生命保険会社など、顧客から預かったお金を企業に投資して運用する「機関投資家」が、投資先の株主総会で提案された議案に賛成したかどうかを、個別に開示する動きが進んでいる。

​機関投資家が投資先の企業ではなく、お金を預けた顧客の利益を優先しているかを対外的に示す意味がある。

第一生命と住友生命は個別開示を進める方向だ。

日本生命は、「一般論として、反対票を投じた際に投資先企業の株価が下がる恐れがある」(広報担当)などとして方針を決めていない。

 
(読売新聞 2017/06/02)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-4-17

    第一生命HD、アルファコンサル買収 代理店ノウハウ吸収

    第一生命ホールディングス(HD)は16日、保険販売代理店のアルファコンサルティング(名古屋市中区)を…
  2. 2017-9-4

    “長生きで得する”保険10月投入 太陽生命、老後に手厚く

    ​太陽生命保険は、10月に同社初となるトンチン型の年金保険を発売する。 トンチン保険は、死亡時の返…
  3. 2018-1-30

    日生 営業職員成果給引き上げへ 5年連続、処遇改善で人員確保

    日本生命が2018年度から、営業職員の成果給引き上げを検討していることが29日分かった。 ​今月中…
  4. 2017-12-14

    乗り合い代理店へ高額手数料 生保各社が自粛方針

    ​生保各社は、保険の乗り合い代理店に対する過度な手数料支払いを自粛する方針を固めた。 自社の商品を…
  5. 2018-3-19

    日生劣後債に予備格付け

    格付投資情報センター(R&I)は16日、日本生命保険が特別目的会社(SPC)を通じて発行する…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る