株主総会賛否 進む開示 信託銀や生保 投資先個別に 「顧客優先」強調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

信託銀行や生命保険会社など、顧客から預かったお金を企業に投資して運用する「機関投資家」が、投資先の株主総会で提案された議案に賛成したかどうかを、個別に開示する動きが進んでいる。

​機関投資家が投資先の企業ではなく、お金を預けた顧客の利益を優先しているかを対外的に示す意味がある。

第一生命と住友生命は個別開示を進める方向だ。

日本生命は、「一般論として、反対票を投じた際に投資先企業の株価が下がる恐れがある」(広報担当)などとして方針を決めていない。

 
(読売新聞 2017/06/02)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-12-22

    第一生命、ミニ保険会社参入(専門会社買収へ)

    第一生命ホールディングス(HD)は来春にも、少額短期保険(ミニ保険)事業に参入する方針だ。 アイア…
  2. 2018-1-17

    保険ショップに3割出資(住友生命)

    ​住友生命保険は中堅保険ショップのマイコミュニケーション(名古屋市)に3割強を出資する。 数十億円…
  3. 2017-10-5

    第一生命保険 ESG投資案件選定に力

    案件性差力が高い各部門を通すことで、良好な案件の獲得を目指している。​ ー上期の振り返り、下期の…
  4. 2018-2-16

    『インフルエンザ』相談件数急増中!

    インフルエンザの流行がピークを迎えています。 <30代母親より 8歳男児の相談> Q1)タミフル…
  5. 2018-5-2

    生保、国債投資再開も、外貨コスト高でやむなく

    利回り低下による運用難を背景に減少が続いていた国債投資を生命保険会社が再開する可能性が出てきた。 …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る