株主総会賛否 進む開示 信託銀や生保 投資先個別に 「顧客優先」強調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

信託銀行や生命保険会社など、顧客から預かったお金を企業に投資して運用する「機関投資家」が、投資先の株主総会で提案された議案に賛成したかどうかを、個別に開示する動きが進んでいる。

​機関投資家が投資先の企業ではなく、お金を預けた顧客の利益を優先しているかを対外的に示す意味がある。

第一生命と住友生命は個別開示を進める方向だ。

日本生命は、「一般論として、反対票を投じた際に投資先企業の株価が下がる恐れがある」(広報担当)などとして方針を決めていない。

 
(読売新聞 2017/06/02)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-4

    AIGの医療保険買収 東京海上、企業・団体向け

    東京海上日動ホールディングス(HD)は、米保険大手AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)…
  2. 2017-5-8

    外貨建て保険3300億円目標 明治安田 8月から来年3月まで

    明治安田生命の根岸秋男社長は、今年8月から取扱いを始める外貨建て保険について、「2018年3月までに…
  3. 2017-3-6

    3.相続税の負担軽減対策

    非課税財産 ・墓地、仏壇、仏像など日常礼拝の用に供するもの ・死亡保険金のうち一定金額(50…
  4. 2018-4-5

    生協健保 解散を検討

    全国の生協(コープ)の従業員や扶養家族約16万4000人が加入する「日生協健康保険組合」が、早ければ…
  5. 2018-3-2

    新卒採用に“AI面接官”登場

    ​来年春に卒業予定の大学3年生らに向けた主要企業による会社説明会が1日解禁となり、就職活動が本格的に…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る