生活習慣病保証の「だい杖ぶ」4週間で契約5万件突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は、4月2日に販売を始めた生活習慣病に備える商品「だい杖ぶ」(特定重度疾病保障保険)が、4月27日までの4週間で契約件数が5万件を突破した。

「想定を上回る契約ペースで手応えを感じている」(日本生命)。

生活習慣病は患者数が増加傾向にある。

がん、心筋梗塞、脳卒中の3大疾病は医療技術の進歩で患者数は横ばいとなっているが、生活習慣病のうち3大疾病以外の六つの疾病は、12年間で約1.4倍、3大疾病の患者数の約3倍の水準。

日本生命は既に保障している3大疾病のほかの糖尿病、肝硬変、慢性腎不全、動脈疾患など六つの生活習慣病に、臓器移植を合わせた七つの特定重度疾病を保障した。

契約者の5割以上を20~30代が占めており、若年層の関心の高さを示している。

男女比率は男性65%、女性35%。日本生命では、40代の男性が主になると予想していたので、女性にも強いニーズがあることが判明。

また、契約者の約4割が新規顧客であることから、新規開拓に寄与した商品となった。

販売好調の要因は、生活習慣病という身近なリスクへ備えていることや、七つの疾病という保障範囲の広さ、手頃な保険料(保険金額300万円、保険期間10年で、30歳の男性813円、女性660円)などと分析。

発売開始から1カ月間の販売ペースを、日本生命のほかの好評商品と比較すると、「もしものときの・・・生活費」(就業不能保険)、「5つ星」(継続サポート3大疾病保障保険)の1.5倍の売れ行き。

「だい杖ぶ」は、自由に選べる12種類の保険「ニッセイみらいのカタチ」の13種類目の保険として提供した。

(ニッキン  2018/05/11)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-30

    国内主要生保10社 外債シフト鮮明に

    国内主要生命保険10社の2017年度下期資産運用計画が26日までに出そろった。 上期に続き国債から…
  2. 2018-2-27

    健診提出で保険料割引 第一生命 4月から最大20%

    ​第一生命は4月から、死亡と3大疾病保険の加入時に健康診断の結果を提出すれば、保険料を最大20%割り…
  3. 2018-7-31

    認知症保険に大手損保参入 高齢化で市場拡大見込む

    東京海上日動火災保険は、シニア層に人気のある「認知症保険」に新たに参入する。 損保ジャパン日本興亜…
  4. 2018-4-27

    日生、子ども向け保険を三井生命に供給

    ​​日本生命保険と三井生命保険は25日、日本生命の子どもの教育資金などに備える商品「ニッセイ学資保険…
  5. 2018-6-7

    17年度下期の第3分野・損保窓販実績

    地域金融機関の2017年度下期の「第3分野・損保窓販実績」(回答ベース)がまとまった。 医療・がん…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る