生活習慣病保証の「だい杖ぶ」4週間で契約5万件突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は、4月2日に販売を始めた生活習慣病に備える商品「だい杖ぶ」(特定重度疾病保障保険)が、4月27日までの4週間で契約件数が5万件を突破した。

「想定を上回る契約ペースで手応えを感じている」(日本生命)。

生活習慣病は患者数が増加傾向にある。

がん、心筋梗塞、脳卒中の3大疾病は医療技術の進歩で患者数は横ばいとなっているが、生活習慣病のうち3大疾病以外の六つの疾病は、12年間で約1.4倍、3大疾病の患者数の約3倍の水準。

日本生命は既に保障している3大疾病のほかの糖尿病、肝硬変、慢性腎不全、動脈疾患など六つの生活習慣病に、臓器移植を合わせた七つの特定重度疾病を保障した。

契約者の5割以上を20~30代が占めており、若年層の関心の高さを示している。

男女比率は男性65%、女性35%。日本生命では、40代の男性が主になると予想していたので、女性にも強いニーズがあることが判明。

また、契約者の約4割が新規顧客であることから、新規開拓に寄与した商品となった。

販売好調の要因は、生活習慣病という身近なリスクへ備えていることや、七つの疾病という保障範囲の広さ、手頃な保険料(保険金額300万円、保険期間10年で、30歳の男性813円、女性660円)などと分析。

発売開始から1カ月間の販売ペースを、日本生命のほかの好評商品と比較すると、「もしものときの・・・生活費」(就業不能保険)、「5つ星」(継続サポート3大疾病保障保険)の1.5倍の売れ行き。

「だい杖ぶ」は、自由に選べる12種類の保険「ニッセイみらいのカタチ」の13種類目の保険として提供した。

(ニッキン  2018/05/11)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-24

    ③プレゼンテーション・クロージングのポイントまとめ

    1、必要保障額や見込み客の意向に基づいて設計したプランであることをわかりやすく示し、必要な準備として…
  2. 2018-4-5

    日本生命 新社長の清水博氏「収益拡大へM&A推進」

    ​日本生命保険社長に1日就任した清水博氏(57)が毎日新聞のインタビューに応じ、「業界トップには引き…
  3. 2017-5-29

    ネット通販など契約ルール明確化

    インターネット通販や生命保険などの契約ルールを明確化する改正民法が26日、参院本会議で可決、成立した…
  4. 2017-12-6

    インドネシアの中堅生保 日生が販路拡大支援

    日本生命保険が、20%を出資するインドネシアの中堅生保セクイスライフに三井物産子会社を紹介し、現地の…
  5. 2017-5-16

    日生、中国でがん保険

    日本生命は中国で、富裕層を主な対象とした医療保険を売り出した。 ​加入者ががんになった場合、追加…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る