• このエントリーをはてなブックマークに追加

大手損害保険グループ3社は、2018年3月期に6期連続となる当期利益の過去最高更新を目指す。​

株価が上昇した17年3月期と違い運用環境は横ばいを予想するが、自動車保険や海外事業が堅調に推移する見通し。

スポンサーリンク


3社の17年3月期決算は、全社とも当期利益が5期連続で過去最高。

熊本地震があったが、16年3月期に比べ自然災害被害が少なく、保険金支払額が減少した。

海外事業が好業績に寄与。

東京海上HDは「米国や英国が増収」。

(藤田裕一専務)。

MS&ADインシュアランスグループHDは、英MSアムリンの連結化で、正味収入保険料が大幅に増加した。

(日刊工業新聞 2017/05/22)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-6

    住友生命保険 短期投資でも利益逃さず

    日銀のマイナス金利政策について、 藤戸専務は「プラスに働いた点も多い」、「運用はどんな市場環境でも…
  2. 2017-5-16

    第一生命、当期益29%増

    第一生命ホールディングスが15日発表した2017年3月期連結決算は、経常収益が前年比12.0%減の6…
  3. 2017-10-25

    「肝機能障害」 「肝炎ウイルスキャリア」 「急性肝炎」 「慢性肝炎」 沈黙の臓器! 肝臓疾患を徹底解説

    肝臓はなんと500以上の機能を持つ重要な臓器です。 そんな働き者の肝臓は、多少のダメージを受けたく…
  4. 2018-7-2

    生保、内勤職員にベア 太陽生命など、23年ぶり

    生命保険会社の間で、総合職など「内勤職員」と呼ぶ社員を対象に、23年ぶりとなるベースアップ(ベア)を…
  5. 2017-2-27

    5.映像でイメージできるほど伝わっているか

    私たちが話したことが、お客さまの頭の中で映像で浮かんでくるほど想像しやすいかどうかはとても重要です。…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る