• このエントリーをはてなブックマークに追加

大手損害保険グループ3社は、2018年3月期に6期連続となる当期利益の過去最高更新を目指す。​

株価が上昇した17年3月期と違い運用環境は横ばいを予想するが、自動車保険や海外事業が堅調に推移する見通し。

スポンサーリンク


3社の17年3月期決算は、全社とも当期利益が5期連続で過去最高。

熊本地震があったが、16年3月期に比べ自然災害被害が少なく、保険金支払額が減少した。

海外事業が好業績に寄与。

東京海上HDは「米国や英国が増収」。

(藤田裕一専務)。

MS&ADインシュアランスグループHDは、英MSアムリンの連結化で、正味収入保険料が大幅に増加した。

(日刊工業新聞 2017/05/22)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-1-24

    公的保険徹底マスターの重要性

    年金の受給開始年齢が70歳以上となる可能性が現実的になってきました。 政府は原則65歳としている(…
  2. 2017-2-27

    5.人に頼みごとをするときは理由をつける

    「人に頼みごとをするときは理由をつけると成功しやすい」ということがあります。 「高いものイコール良…
  3. 2017-2-27

    4.生命保険におけるコレクター精神

    特に記念切手を集めるといった収集癖がなかったとしても、人は誰でもコレクター精神を持ち合わせています。…
  4. 2018-7-31

    がん保険料、企業負担 社員の治療・検診も 仕事続ける環境支援

    がんにかかる従業員の負担を企業がまかなう動きが出ている。 日立キャピタル損害保険は保険料を企業が負…
  5. 2017-8-22

    生保、財務基盤を強化 健全性算出法変更に備え

    生命保険会社の健全性を示す指標である「ソルベンシー・マージン比率」の算出方法変更に備え、生保各社が財…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る