データ共有で病気予防(アクサ生命 KDDIとサービス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保険世界最大手の仏アクサグループの日本法人、アクサ生命保険はKDDIと業務提携し、両社の顧客データや通信技術を融合した新サービスを提供する。

病気の早期発見や健康増進を支援するほか、蓄積したデータを生かして多様な保険商品の開発につなげる。

スポンサーリンク


提携の第1弾として、年明けからアクサの契約者の一部を対象に、KDDIが手掛ける簡易血液検査サービスの無料提供を始める。

並行して保険とIT(情報技術)を組み合わせた「インシュアテック」と呼ばれる分野の共同研究に着手する。

アクサが持つ保険の知識と、KDDIの位置情報ビッグデータなどを組み合わせ、2019年にも新商品やサービスとして実用化を目指す。

地域ごとの健康診断受診率などのデータを詳細に蓄積し、予防や早期発見のサービスにつなげる。

医療ビッグデータの解析技術を整備し、引き受け基準の緩やかな保険商品の開発などもめざす。

KDDIは保険やエネルギーなどの非通信分野を新たな成長分野に掲げている。

スポンサーリンク


保険ではベンチャー企業のライフネット生命保険と資本・業務提携。

販売代理店として同社の保険を扱うほか、11月には25%まで出資を引き上げた。

大手とも提携しより多くの知見が得られると期待する。

アクサは1994年に仏アクサグループの日本法人として設立。

2000年に日本団体生命と統合した経緯から、国内では中小企業向けの保険に強みを持つ。

中小企業は大企業に比べ福利厚生が手薄な場合も多く、商品やサービスを開発し経営者や社員の健康を促す。
国内では、保険料抑制や引き受け基準の緩和に医療ビッグデータ分析を活用する動きが進む。

日本生命保険は17年、野村総合研究所やリクルートホールディングスと共同で新サービス開発に乗り出した。

第一生命保険も日立製作所など複数の企業・大学と組み、共同研究を進めている。

アクサ生命のリリース​

http://www2.axa.co.jp/info/news/2017/pdf/171219.pdf?_ga=2.265248463.197223565.1514246223-110646906.1512348137

(日本経済新聞  2017/12/25)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-1-31

    ゆうちょ銀・かんぽ 資産運用会社を新設

    ​ゆうちょ銀行とかんぽ生命は30日、PE(プライベート・エクイティ)ファンド運用会社を2月9日に設立…
  2. 2018-3-9

    第一生命、カンボジア進出、子会社設立、貯蓄性商品を販売

    ​​第一生命ホールディングスはカンボジアに進出する。 月内にも現地に100%子会社を設け、2018…
  3. 2018-9-21

    診断の遅れ、保険で減らす 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命大場社長インタビュー

    超高齢社会になりました。長寿は喜ばしいですが、長生きのリスクに直面するようになりました。 生命保険…
  4. 2018-1-24

    公的保険徹底マスターの重要性

    年金の受給開始年齢が70歳以上となる可能性が現実的になってきました。 政府は原則65歳としている(…
  5. 2018-12-10

    外貨建て保険 止まらぬ勢い

    外貨建て保険の勢いが止まらない。 業界推計によると、契約時に一定額をまとめて支払う「一時払い…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る