死亡保険 各社大幅値下げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険各社がこの春、死亡保険料を大幅に下げる。

長寿化で保険期間中に亡くなる人が減る傾向にあり、各社の保険金の支払いも減るためだ。

スポンサーリンク


健康診を受ければ保険料を差し引く仕組みを導入する会社もある。

各社の商品を比べて契約する販売手法が定着し、価格競争は激しくなっている。

​日本生命は4月から、定期型の死亡保険料を最大24%下げる。

大同、富国、朝日、三井の各社も値下げし、最大2割程度下げる社もある。

値下げは、新たに加入するか、契約を更新する人が対象。

保険料の基準となる「標準生命表」が、4月に11年ぶりに改定され、想定する死亡率が下がる。

そのため、各社はそろって死亡保険料を見直す。

第一生命は4月から、保険商品全般で、契約時に健康診断書を提出すれば保険料を割り引く「健康割」を導入する。

健診を受ける人は受けない人より、死亡保険金や3大疾病(がん、脳卒中、心筋梗塞)による医療保険金を支払うケースが少ないという。

同社の定期型の死亡保険料は、生命表改定と割引制度を合わせて、最大2割程度下がる。

(朝日新聞 2018/03/08)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-30

    SOMPOHD 海外保険大手の買収完了

    SOMPOホールディングス(HD)は29日、海外保険大手のエンデュランス・スペシャルティHDの買収が…
  2. 2017-9-19

    日生、高齢者の所在確認へ「クロネコ」活用

    日本生命保険は14日、連絡が取れない高齢の契約者の所在・状況を確認する取り組みを10月から強化すると…
  3. 2018-1-25

    生保健康診査 テレビで 大同 業界初の導入

    ​T&DHD傘下の大同生命は2月から、テレビ電話を活用して、医師の健康診査なしで高額の生命保…
  4. 2017-4-27

    三井住友海上 検査アプリ好評

    三井住友海上火災保険が提供する睡眠時無呼吸症候群(SAS)予兆チェックサービスの導入企業が開始後1年…
  5. 2018-8-30

    「かけつけ隊」一万人に増員 太陽生命

    太陽生命保険は、内勤職員が保険契約者や家族を直接訪問し、必要書類の代筆やモバイル端末を利用した簡易的…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る