死亡保険 各社大幅値下げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険各社がこの春、死亡保険料を大幅に下げる。

長寿化で保険期間中に亡くなる人が減る傾向にあり、各社の保険金の支払いも減るためだ。

スポンサーリンク


健康診を受ければ保険料を差し引く仕組みを導入する会社もある。

各社の商品を比べて契約する販売手法が定着し、価格競争は激しくなっている。

​日本生命は4月から、定期型の死亡保険料を最大24%下げる。

大同、富国、朝日、三井の各社も値下げし、最大2割程度下げる社もある。

値下げは、新たに加入するか、契約を更新する人が対象。

保険料の基準となる「標準生命表」が、4月に11年ぶりに改定され、想定する死亡率が下がる。

そのため、各社はそろって死亡保険料を見直す。

第一生命は4月から、保険商品全般で、契約時に健康診断書を提出すれば保険料を割り引く「健康割」を導入する。

健診を受ける人は受けない人より、死亡保険金や3大疾病(がん、脳卒中、心筋梗塞)による医療保険金を支払うケースが少ないという。

同社の定期型の死亡保険料は、生命表改定と割引制度を合わせて、最大2割程度下がる。

(朝日新聞 2018/03/08)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-8

    保険料 健康に応じて変動(Behind the Curtain金融商品値決めの舞台裏)

    ネオファースト生命が大手生保で初めて商品化したのは、健康状態に応じて保険料を割り引いたり割り増しした…
  2. 2017-3-31

    持病があっても「共済」加入可能

    病気や死亡時の保障をする共済で、持病があっても健康な人と同様に加入できるタイプの商品が登場している。…
  3. 2017-3-2

    4.お客さまの夢を伺うトークスクリプト

    本日は「保険」の話ではなく、ライフプランニングのお話をさせていただこうと思いますが、ライフプランニン…
  4. 2018-2-28

    収入ダウンの崖、3回来る

    定年後、収入が減る時期は3回あります。 定年後の収入が減るわかりやすいイメージとして、「収入ダウン…
  5. 2018-5-18

    保障性商品の充実急ぐ 明治安田生命社長 根岸秋男氏

    明治安田生命保険は、2017年に始めた中期経営計画が2年目に入った。 18年3月期連結決算は米国子…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る