死亡率改定へ対応出そろう、生保各社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保険料算定の基準となる標準死亡率の4月改定への生保各社の対応が出そろった。

日本生命保険や富国生命保険などは死亡保険の保険料率を見直し、保険料を値下げする。

第一生命保険は健康状態に応じて保険料を割り引く新商品を投入する。

明治安田生命保険や住友生命保険は今春の対応は見送り、新商品の発売時期に合わせて全体の料率を見直す方針だ。

日生と富国のほか、三井生命保険、朝日生命保険、ソニー生命保険などが4月以降の新契約者を対象に保険料率を改定する。

各社で異なるが、日生や富国は定期の死亡保険の場合で、最大で保険料が2割超下がる見通し。

一方、売れ筋の医療保険などは、ほぼ全社が現行水準を据え置く方向だ。


(日本経済新聞 2018/03/07)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-1-4

    保険各社、スリム化急ぐ

    保険各社が人口減少の加速を見据え、業務体制のスリム化を急ぐ。 ​MS&ADインシュアランス…
  2. 2018-7-25

    生損保大手、NGOの低評価に困惑

    国内の生命保険・損害保険大手8社(グループ)の投融資方針の「社会性」についての格付け 環境問題など…
  3. 2018-5-31

    保険の銀行窓販、曲がり角、5大銀、昨年度1割減、貯蓄性商品乏しく

    銀行による保険や投資信託の窓口販売が曲がり角にさしかかっている。 保険窓販は銀行大手5グループの合…
  4. 2017-11-22

    不妊治療サポート保険 日生、販売5000件

    ​日本生命が2016年に発売した国内初の不妊治療保険「シュシュ」が堅調な売れ行きを見せている。 若…
  5. 2017-6-7

    日生、営業ノウハウ移植

    日本生命保険は2017年度中に、出資先であるインドネシアのセクイスライフの全拠点約200カ所に両社で…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る