社債投資3年で1.6兆円、明治安田が新中計、医療保険に重心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治安田生命保険は15日、2019年度を最終年度とする3カ年の中期経営計画を発表した。

低金利の長期化を見据え、少しでも高い運用利回りが見込める国内外の社債に計1兆6千億円を振り向ける方針だ。金利低下で年金保険や学資保険の魅力が薄れ、17年度からは販売が落ち込む見通し。今後は医療保険などに重心を移し、19年度の保険料を16年度比4割増やす目標を掲げた。

スポンサーリンク


​現行の3カ年計画では社債への投資額が計1兆2千億円程度となる見込みで、新中計では3割超の増加となる。なかでも海外の社債や資産担保証券には4倍近い8千億円を投じるという。4月には「クレジット投資部」を新設し、社内の格付け審査を強化する。

(日本経済新聞 2017/03/16)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-2-26

    明治安田 中高年の研修に注力

    2019年度から定年を65歳に延長する明治安田生命保険。 働き手の減少と業務量の増加が進む中で活躍…
  2. 2017-3-1

    5.事業承継期

    企業の事業承継について現状をみると、社長の平均年齢は58.9歳と年々上昇し、60歳に近づいてきていま…
  3. 2017-8-22

    がん検診 5年ごとに無償 伊藤忠 40歳以降社員、早期発見へ

    伊藤忠商事は21日、社員のがん予防・治療対策を拡充すると発表。 国立がん研究センター中央病院と提携…
  4. 2017-6-7

    上智大と組み長期インターン

    第一生命ホールディングスは約1か月間の長期インターンシップ(就労体験)制度を導入する。 ​まず上智…
  5. 2017-4-20

    生損保大手 中小向け保険で攻勢

    大手生損保会社が中小企業向け保険市場の開拓に動いている。 中小企業の保険市場は大手保険会社による開…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る