社債投資3年で1.6兆円、明治安田が新中計、医療保険に重心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治安田生命保険は15日、2019年度を最終年度とする3カ年の中期経営計画を発表した。

低金利の長期化を見据え、少しでも高い運用利回りが見込める国内外の社債に計1兆6千億円を振り向ける方針だ。金利低下で年金保険や学資保険の魅力が薄れ、17年度からは販売が落ち込む見通し。今後は医療保険などに重心を移し、19年度の保険料を16年度比4割増やす目標を掲げた。

スポンサーリンク


​現行の3カ年計画では社債への投資額が計1兆2千億円程度となる見込みで、新中計では3割超の増加となる。なかでも海外の社債や資産担保証券には4倍近い8千億円を投じるという。4月には「クレジット投資部」を新設し、社内の格付け審査を強化する。

(日本経済新聞 2017/03/16)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-2-20

    三井生命 明美ちゃん基金24年連続の寄託

    「明美ちゃん基金」 ​三井生命保険の土屋雄一郎企画部長(48)らが19日、東京・大手町の産経新聞を…
  2. 2017-5-22

    損保3G、当期最高益

    大手損害保険グループ3社は、2018年3月期に6期連続となる当期利益の過去最高更新を目指す。​ 株…
  3. 2018-6-19

    迅速な保険金支払いに全力

    損害保険大手各社は18日、大阪北部地震を受け、家屋などの損壊に対する地震保険の保険金を早期に支払うた…
  4. 2018-4-26

    シニア顧客に専門部隊 生保が高齢者対策

    生命保険各社は「人生100年時代」と言われる高齢社会の進展を見据え、シニア顧客へのサービスを強化して…
  5. 2018-4-10

    【トップは語る】T&Dホールディングス 生命保険のネット販売も検討

    ​T&Dホールディングス社長・上原弘久さん(56) 学習院大卒。1984年太陽生命保険入社…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る