生保4社2.7兆円減収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命など大手4社の2017年3月期決算は、売上高に当たる国内の保険料等収入が前の期に比べ16%減、金額で約2兆7千億円の減収になったもようだ。

​減収幅はリーマン・ショック後で最も大きい。

スポンサーリンク


日銀のマイナス金利政策で運用環境が悪くなったことを受け、保険商品の販売を取りやめたことが響いている。

決算発表を終えた第一生命ホールディング(HD)のほか、日生、明治安田、住友の17年3月期の国内生保部門の保険料等収入の合計は、14兆7千億円程度になる見通しだ。

最大手の日生と、第一生命HD傘下の国内3社の合計はいずれも1兆円を上回る規模で減収になる。

日生の減収幅は過去最大規模とみられる。

(日本経済新聞 2017/05/25)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-8-16

    日生 就労不能保険で精神疾患カバー

    日本生命保険は10日、精神疾患による休業もカバーする就労不能保険「もしものときの・・・生活費」を10…
  2. 2017-2-22

    2.法人保険と個人保険の比較

    法人保険と個人保険の比較 販売方法 ・個人保険    ①アプローチ             …
  3. 2017-5-2

    高齢者・働く女性向け活力

    明治安田生命保険の根岸秋男社長が1日、朝日新聞のインタビューに応じ、高齢者と働く女性向けの商品開発に…
  4. 2017-11-7

    生保、高齢者に照準 商品・サービス拡充、社会変化へ対応加速

    生命保険会社が高齢者を対象にした商品・サービス展開を拡大している。 長生きするほど多く保険金を受け…
  5. 2017-3-1

    4.安定成熟期

    4.安定成熟期 安定成熟期とは成長期を経て、多少の経営上のリスクがあっても、会社の体力で事業が…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る