生保4社2.7兆円減収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命など大手4社の2017年3月期決算は、売上高に当たる国内の保険料等収入が前の期に比べ16%減、金額で約2兆7千億円の減収になったもようだ。

​減収幅はリーマン・ショック後で最も大きい。

スポンサーリンク


日銀のマイナス金利政策で運用環境が悪くなったことを受け、保険商品の販売を取りやめたことが響いている。

決算発表を終えた第一生命ホールディング(HD)のほか、日生、明治安田、住友の17年3月期の国内生保部門の保険料等収入の合計は、14兆7千億円程度になる見通しだ。

最大手の日生と、第一生命HD傘下の国内3社の合計はいずれも1兆円を上回る規模で減収になる。

日生の減収幅は過去最大規模とみられる。

(日本経済新聞 2017/05/25)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-1

    3.契約者貸付・変換権という切り口

    法人に関しては、世間話、立話程度で5分10分でアプローチしないといけません。 まず社長に、いかに深…
  2. 2017-8-7

    顧客のリスクオフ傾向強く 第一フロンティア生命保険社長 川島貴志氏 外貨建て定額保険の販売が好調

    ​第一フロンティア生命社長の川島氏は、マイナス金利政策の導入後に日本の長期金利が低下したのを機に外貨…
  3. 2017-11-27

    人の心を動かす革新こそ ライフネット生命保険社長岩瀬大輔

    インシュアテック 金融とテクノロジーの融合と称した「フィンテック」と並んで、保険とテクノロジーの融…
  4. 2017-8-4

    病気とお金を考える

    身近な病気と言われている「がん」についてのお話。 現代では、おおよそ2人に1人が、がんと診断され、…
  5. 2018-5-1

    アイリック 保険提案システム、銀行が導入加速

    ​保険ショップ「保険クリニック」を展開するアイリックコーポレーションは、生命保険の現状把握・検索提案…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る