生保4社2.7兆円減収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命など大手4社の2017年3月期決算は、売上高に当たる国内の保険料等収入が前の期に比べ16%減、金額で約2兆7千億円の減収になったもようだ。

​減収幅はリーマン・ショック後で最も大きい。

スポンサーリンク


日銀のマイナス金利政策で運用環境が悪くなったことを受け、保険商品の販売を取りやめたことが響いている。

決算発表を終えた第一生命ホールディング(HD)のほか、日生、明治安田、住友の17年3月期の国内生保部門の保険料等収入の合計は、14兆7千億円程度になる見通しだ。

最大手の日生と、第一生命HD傘下の国内3社の合計はいずれも1兆円を上回る規模で減収になる。

日生の減収幅は過去最大規模とみられる。

(日本経済新聞 2017/05/25)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-2-8

    突然起こる大雪への心がまえ

    寒気の影響で全国各地で天候が不安定となっています。 1月22日に首都圏でも積雪により交通機関が麻痺…
  2. 2017-7-28

    診断確定で認知症一時金が強み

    これまでの顧客層は30代、40代、50代のファミリー層がかなり多いが、今後,超高齢社会がさらに進んで…
  3. 2017-2-27

    1.会う回数が多いほど親しくなる

    これは有名なザイオンス効果といわれるものですね。 人は人と出会う回数が多くなればなるほど、緊張せず…
  4. 2018-5-18

    日生が保険ショップ向け商品 新会社、伊藤忠出資も

    日本生命保険は、若い世代や家族連れの顧客が多い保険ショップ(販売代理店)向けの保険開発を始める。 …
  5. 2018-5-1

    明治安田生命グループ 定年65歳に延長

    明治安田生命保険は国内のグループ12社で、従業員の定年を現状の60歳から65歳に引き上げる。 ​す…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る