生保6社で収入減 保険料値上げ響く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険会社7グループの2017年4~6月期決算が9日、出そろった。

売上高に相対する保険料等収入は、4月に保険料を値上げした影響などから軒並み減少した。

スポンサーリンク


一方、本業のもうけを示す基礎利益は円安などを追い風に5グループで増益を確保した。

保険料等収入は横ばいのソニー生命保険を除く6グループが減収だった。

保険料を上げた影響で個人年金などの販売が落ち込んだのに加え、日本生命では前年同期に大口の団体年金を受託した反動を受けた。

このほか、運用難に伴い多くの生保が契約時に数百万円をまとめて支払う「一時払い終身保険」の販売を停止したことなども減少につながった。

住友生命保険は4月から外貨建て保険の取り扱いを始めたが、4~6月期の個人保険の新契約年換算保険料は11.2%減の238億円と全体の減少を補いきれなかった。

(日本経済新聞  2017/08/10)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-10-2

    広がる健康増進型保険 住友生命保険 取締役代表執行役専務 篠原秀典

    生命保険業界で、健康を後押しする健康増進型保険が広がりを見せている。 当社も、健康であれば保険料を…
  2. 2018-2-15

    日生 保険料2割値下げ 長寿化受け4月から

    ​日本生命保険は14日、死亡保険の保険料を、4月から定期保険を中心に最大で2割程度引き下げる方針を固…
  3. 2018-12-13

    運動すれば保険料が割引? 住友生命社長・橋本雅博氏

      健康増進、社会全体にメリット 毎日運動すれば保険料が安くなる――。住友生命保険はこんな保険商品「…
  4. 2018-9-3

    持病あっても入れる保険 健康条件を緩和、加入後に割引も

    高血圧や糖尿病といった持病があっても加入できる生命保険はあります。 「引受基準緩和型保険」といい、…
  5. 2017-3-5

    成果を最大限に挙げるための最高の手段

    マーケットの要求する商品を、お客さま想いの優秀な営業マンが提供する。 これが成果を最大限に挙げるた…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る