生保6社で収入減 保険料値上げ響く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険会社7グループの2017年4~6月期決算が9日、出そろった。

売上高に相対する保険料等収入は、4月に保険料を値上げした影響などから軒並み減少した。

スポンサーリンク


一方、本業のもうけを示す基礎利益は円安などを追い風に5グループで増益を確保した。

保険料等収入は横ばいのソニー生命保険を除く6グループが減収だった。

保険料を上げた影響で個人年金などの販売が落ち込んだのに加え、日本生命では前年同期に大口の団体年金を受託した反動を受けた。

このほか、運用難に伴い多くの生保が契約時に数百万円をまとめて支払う「一時払い終身保険」の販売を停止したことなども減少につながった。

住友生命保険は4月から外貨建て保険の取り扱いを始めたが、4~6月期の個人保険の新契約年換算保険料は11.2%減の238億円と全体の減少を補いきれなかった。

(日本経済新聞  2017/08/10)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-13

    生保協会長、出口戦略開かれた議論を

    生命保険協会の根岸秋男会長(明治安田生命保険社長)の任期最後となった9日の定例会見 日銀が大規模な…
  2. 2017-9-14

    主な病院のがんの手術実績数

    主ながんの手術実績数(主要病院2015年度) 胃がん がん研有明病院(1,154件) 静岡県立…
  3. 2018-1-5

    2018成長への展望 外貨建てで資産形成ニーズに応える 明治安田生命保険社長 根岸秋男さん

    異常な低金利環境が当面続くだろう。 外貨建て商品や保障性商品に力を入れたい。 米国の公募社債…
  4. 2017-7-5

    カーディフ生命保険日本代表久米保則さん おもてなしの心

    「最近は茶道にはまっている」と語るのは、カーディフ生命保険日本代表の久米保則さん。​ 同社は住宅ロ…
  5. 2018-7-25

    日生、新規ビジネス創出 スタートアップから協業案

    日本生命保険は23日、同社の経営資源を活用し、スタートアップ企業と新規事業の創出を目指すと発表した。…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る