生保6社で収入減 保険料値上げ響く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険会社7グループの2017年4~6月期決算が9日、出そろった。

売上高に相対する保険料等収入は、4月に保険料を値上げした影響などから軒並み減少した。

スポンサーリンク


一方、本業のもうけを示す基礎利益は円安などを追い風に5グループで増益を確保した。

保険料等収入は横ばいのソニー生命保険を除く6グループが減収だった。

保険料を上げた影響で個人年金などの販売が落ち込んだのに加え、日本生命では前年同期に大口の団体年金を受託した反動を受けた。

このほか、運用難に伴い多くの生保が契約時に数百万円をまとめて支払う「一時払い終身保険」の販売を停止したことなども減少につながった。

住友生命保険は4月から外貨建て保険の取り扱いを始めたが、4~6月期の個人保険の新契約年換算保険料は11.2%減の238億円と全体の減少を補いきれなかった。

(日本経済新聞  2017/08/10)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-8-17

    エヌエヌ生命、年内に専門部署 新興企業と連携深化

    エヌエヌ生命保険はスタートアップ企業と連携深化のための専門部署「スパークラボ」を年内に立ち上げる。 …
  2. 2017-9-12

    貯蓄型保険の利回り低下

    異次元緩和で国債の利回りが低下し、債券市場が閑散とする中、影響は身近な金融商品にも出ている。​  …
  3. 2017-3-24

    ネット銀、リアルへ 住信SBIやじぶん銀 金利で差別化難しく

    住信SBIネット銀行などインターネット専業の銀行が「脱ネット」へ動き始めた。 コストを徹底して抑え…
  4. 2017-5-16

    日生、中国でがん保険

    日本生命は中国で、富裕層を主な対象とした医療保険を売り出した。 ​加入者ががんになった場合、追加…
  5. 2017-5-8

    生保各社の「イデコ」 独自サービスで差別化

    生命保険会社が個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)の取り組みを強化している。 ​ イデコは加入…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る