生保17年3月期 9社減収、6社減益 マイナス金利で運用苦戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要生命保険12社の2017年3月期連結決算が25日、出そろった。売上高に当たる保険料等収入は9社が減収となった。

日銀のマイナス金利政策を背景に、運用が苦戦。

貯蓄性の高い一時払い保険の販売を抑制したことが重しとなった。

スポンサーリンク


低金利が続く中、18年3月期も商品販売戦略や資産運用での工夫が課題となりそうだ。

基礎利益は日本生命、第一生命HD、住友生命が減益、明治安田生命は増益を予想する。

日本生命の三笠裕司常務執行役員は「予定利率引き下げ(保険料値上げ)の効果が実際に出てくるのは今年度からだ。

厳しい1年になる」と気を引き締めた。​

(フジサンケイビジネスアイ  2017/05/26)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-1-18

    展望日本経済2018 医療・介護分野に期待 東京海上HD社長 永野毅氏

    損保と生保の中間的な医療や介護分野は大きく伸びていく可能性がある。 ​ーーどのようなサービスや分野…
  2. 2018-3-26

    顧客契約に応じた動画サービス開始

    大同生命保険は、4月に顧客の契約内容やニーズに応じた動画サービス「パーソナライズド動画」を導入する。…
  3. 2017-2-21

    8.希少性と高い価値をつける

    生命保険商品の場合、人気がありすぎて、手に入るのが3ヶ月待ちですなどという物はありません。 メーカ…
  4. 2018-3-30

    住生、貸与端末の使用料を無償化

    ​住友生命保険が営業職員約3万人から毎月徴収しているタブレット端末の使用料を7月から無償化することが…
  5. 2018-3-1

    生保タッグで対話強化、日生・第一など10社、投資先に改善促す

    日本生命保険や第一生命保険など生保10社が、投資先企業との対話強化へ連携する。 年度内にも投資先1…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る