生保17年3月期 9社減収、6社減益 マイナス金利で運用苦戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要生命保険12社の2017年3月期連結決算が25日、出そろった。売上高に当たる保険料等収入は9社が減収となった。

日銀のマイナス金利政策を背景に、運用が苦戦。

貯蓄性の高い一時払い保険の販売を抑制したことが重しとなった。

スポンサーリンク


低金利が続く中、18年3月期も商品販売戦略や資産運用での工夫が課題となりそうだ。

基礎利益は日本生命、第一生命HD、住友生命が減益、明治安田生命は増益を予想する。

日本生命の三笠裕司常務執行役員は「予定利率引き下げ(保険料値上げ)の効果が実際に出てくるのは今年度からだ。

厳しい1年になる」と気を引き締めた。​

(フジサンケイビジネスアイ  2017/05/26)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-12-5

    高齢者マーケットへの生命保険販売の推進

    高齢者マーケットへの生命保険販売 目次 1、生命保険に関する全国実態調査 2、日本の高…
  2. 2017-3-1

    7.赤字企業

    赤字企業で気をつけなくてはならないのは連帯保証債務です。 赤字企業の生命保険の加入目的は、社長に万…
  3. 2017-8-7

    顧客のリスクオフ傾向強く 第一フロンティア生命保険社長 川島貴志氏 外貨建て定額保険の販売が好調

    ​第一フロンティア生命社長の川島氏は、マイナス金利政策の導入後に日本の長期金利が低下したのを機に外貨…
  4. 2017-5-1

    なるほどマネー 退職金運用の前に 長寿に有利「トンチン年金」

    ​老後のリスクについてのポイント ・長生きは、必要なお金が多いという面ではリスクも ・個人年…
  5. 2017-9-19

    生保協会長、各社のノウハウ共有

    生命保険協会の橋本雅博会長は15日の定例会見で、「長期にわたり顧客の生活を支えるのが保険会社の使命」…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る