ガンになった場合の2つ目のリスク「収入が減少するリスク」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

収入減のリスク

医療費が多額になると予想して、医療費については、医療保険に加入している方は多いのですが、日額いくら、手術給付金がいくら、という保障ではとうてい賄えないリスクがあるということを、知ってほしいのです。

スポンサーリンク


たくさんの現場をみてきまして、ガンは完治した!さぁ社会復帰だ、職場復帰だ!!となるのですが、現実は大変厳しい現状が待っています。

ガンにかかった、その後、21.3%の方が、なんと、今までのお仕事を退職されているんです。

また、個人収入を見てみると56.8%もの方が、収入が減ったという統計がでているのです。

そうなんです!

『収入そのものの減少』の、リスクを考慮しなければならないということなんです。

一般的に、がん治療というと、治療費の方に目が行きますよね。

治療費については、医療保険に加入している人が多いかと思いますが、収入も減るかもしれないというリスクを、忘れてはならないのです。

治療費で支出が増えるなか、収入が減るわけですから、まさにダブルパンチとなります。

生命保険文化センターが平成28年に行った、《ケガや病気に不安を持っている人へのアンケート》の上位には、「家族への負担」や、医療費の不安」がきています。

しかし、「収入減」つまり、以前のように仕事に復帰できるかわからない、という回答は、下位にきているんです。

医療費のリスクは、顕在化しているのに対し、収入減のリスクについては、とても大きなリスクがあるにもかかわらず、顕在化していないと言えるんです。

治療後のお話・・・、あまりイメージできていないようなんです。

がんなどの重い病気にかかると、療養による休職や配置転換、時短勤務などによって、収入が減ることはありえますし、場合によっては、退職だって考えられます。

そうなれば、生活水準の変化は否めません。

スポンサーリンク


生活水準の変化というのは、家計に直で影響を及ぼします。

まず治療や療養が最優先ですから、それに伴い、収入が減る場合があります。

支出のほうは、生活費・教育費・住宅ローンなどの、従来の出費に、治療費・雑費などの、支出がプラスされることによって、今まで保っていた、収支のバランスが、とれなくなってしまう場合があります。

傷病手当金

この制度は、健康保険などの被保険者が病気やケガなどのために、働けなくなり、事業者から十分な報酬が受けられないときに、支給される公的な制度です。

一定の給付条件を満たすことができれば、原則、1日あたりの報酬額の3分の2×休業日数の額が支給されることになります。

その期間は最大で1年半、受け取ることが可能です。

ご存知でしたか?この制度?

が、しかしです!

やはり公的保険は期間限定で、それ以上のものが支払われるわけではありませんし、復職しますと、この手当はそこで打ち切られてしまいます。

また、国民健康保険には傷病手当金はありません。

収入減はもちろん、治療費のカバーも必要

特に30代、40代は、出産・子育て・親の入院・介護準備などなど、いろいろな出来事が重なる世代でもあるわけです。

お金の流れを見ても、収入も増えていくと同時に、子供の教育資金や住宅ローンなど、支出も増えている時期と言えます。

収入と支出のバランスを保つための準備が、最も必要な時期とも言えるのです。

「がんは治療費が高額になるケース」が多いということです。

さらに、どんどん新しい治療法が発見され、選択できる医療行為は増えていくことでしょう。

治療法はあるけれど、お金がなくて選択できない・・・、これは避けたいところです。選択肢確保のために!準備は、健康なうちに!!ということですね。

そして治療後は、収入減となるケースが多い、ということです。

退職を余儀なくされることもありますし、公的な保険では賄えないような、収入の減少は否めません。

さらに、通院しながら治療するという現状の中で、通院治療費、お薬代、交通費など、毎月の出費となる場合が多く、収入減があれば、なかなか辛い状況です。

これらのリスクも考慮しなければなりません。

がんになっても、以前と変わらない生活を送るために!

あまり考えてこなかった、こちらの事実にも、準備が必要ですね。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-4-23

    生保協会会長に稲垣氏

    ​生命保険協会は20日の理事会で、橋本雅博会長(住友生命保険社長)の後任に第一生命保険の稲垣精二社長…
  2. 2018-8-3

    介護・医療 利用者負担こう変わる 高額療養費制度 見直し

    医療費の自己負担に上限を設ける高額療養費制度。 医療の高度化で、年齢を重ねるほど1人当たりの医療費…
  3. 2017-2-27

    1.会う回数が多いほど親しくなる

    これは有名なザイオンス効果といわれるものですね。 人は人と出会う回数が多くなればなるほど、緊張せず…
  4. 2017-8-3

    ”長生きするほど得する保険”10月投入 かんぽ、品ぞろえ拡充

    かんぽ生命保険の植平光彦社長は日刊工業新聞のインタビューに応じ、同社初となるトンチン型保険を10月に…
  5. 2018-12-13

    運動すれば保険料が割引? 住友生命社長・橋本雅博氏

      健康増進、社会全体にメリット 毎日運動すれば保険料が安くなる――。住友生命保険はこんな保険商品「…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る