生保各社の「イデコ」 独自サービスで差別化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険会社が個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)の取り組みを強化している。

イデコは加入者が毎月一定額を拠出し、投資信託などで運用する制度。

スポンサーリンク



運用成績で将来の給付額が変わるが、拠出額が毎月確定しているため「確定拠出年金」と呼ばれる。

掛け金の拠出・運用・年金資産の給付の3段階で税制優遇があるが、原則として60歳以上まで給付が受けられない。

1月に制度が改正され、公務員や専業主婦が加入対象に加わり、さらなる市場拡大が見込まれている。

日生は制度改正をきっかけに、16年12月から低コストファンドをそろえた新プランの提供を開始した。

第一生命は1月から新プランを提供。

資産残高に応じて手数料を無料にする仕組みも導入した。​

独自の取り組みは医療や介護に関する電話相談サービス。

加入者やその家族に無料提供しており、健康問題から一般的な法律・税金相談まで幅広い悩みを受け付ける。

(日刊工業新聞 2017/05/04)

スポンサーリンク



関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-1-18

    生保、営業に先端技術

    生命保険会社が人工知能(AI)やビッグデータを使った営業の高度化に取り組んでいる。 先端のテクノロ…
  2. 2017-2-23

    ⑤ 年金早分かり

    1.公的年金制度の基礎知識  ⑤ 年金早分かり 既契約者のお客さまである鈴木様ご夫妻が将来老後受け…
  3. 2018-9-3

    日生、加入基準の緩和視野

    日本生命保険は、ビッグデータ(大量データ)の収集や分析などを行う「データサイエンティスト」の育成に乗…
  4. 2017-4-12

    仏パリバ系に出資(三井住友信託)

    三井住友信託銀行は2018年度中に設立される仏保険大手BNPパリバ・カーディフの日本法人に、20%出…
  5. 2017-11-16

    ガンになった場合の2つ目のリスク「収入が減少するリスク」

    収入減のリスク 医療費が多額になると予想して、医療費については、医療保険に加入している方は多いので…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る