第一生命 糖尿病患者加入基準緩め契約増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病患者加入基準緩め契約増

第一生命保険は、糖尿病患者でも健康な人と同じ保険に入れるよう昨年10月に基準を緩和したところ、今年8月までに新たに約4千件の契約につながったことを明らかにした。

スポンサーリンク


匿名のビッグデータを分析し、適切な治療を受けている患者の一部は重症化のリスクが低いことが分かったため、ニーズに応えて基準を引き下げた。​
 

​稲垣精二社長が朝日新聞の取材に応じ「今後も病気のある人が保険に入りやすくなるよう基準の緩和を進めたい」などと語った。

国内の糖尿病患者は増えており、厚生労働省が今月発表した推計では1千万人に上る。

網膜症や腎症などを併発しやすく、これまでは健康な人と同じ保険への加入は断られるか、保険料が割高な保険にしか加入が認められなかった。

糖尿病に加え、高血圧やぜんそくなどの病気でも基準を見直し、今月8月までに契約1万2千件の新規契約につながったという。

(朝日新聞  2017/09/27)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-23

    トンチン年金 契約増 長生きリスクに備え 「子に負担かけたくない」

    ​早く死ぬと損が大きい代わりに長生きするほど多くの年金を受け取れる「トンチン年金」が注目されている。…
  2. 2018-10-4

    外資生保、日本に熱い視線 2社に聞く

    日本の生命保険市場は、米国に次ぐ世界第2位の規模を持つ。少子高齢化が進む成熟市場だが、実績のある外資…
  3. 2017-8-16

    太陽生命・朝日生命 認知症保険契約が急増

    高齢化社会の進展による認知症患者の増加を背景に、生命保険2社が販売する「認知症保険」が契約数を伸ばし…
  4. 2017-8-7

    顧客のリスクオフ傾向強く 第一フロンティア生命保険社長 川島貴志氏 外貨建て定額保険の販売が好調

    ​第一フロンティア生命社長の川島氏は、マイナス金利政策の導入後に日本の長期金利が低下したのを機に外貨…
  5. 2017-9-22

    喫煙率横ばい18.3%、睡眠「十分でない」19.7% 厚労省調査

    16年国民健康・栄養調査によると、習慣的に喫煙している人の割合は18.3%。 過去最低の15年と比…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る