働く女性、8割「不利」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニー生命保険は18日、女性活動に関するアンケートを実施し、働く女性の79.5%が「女性が社会で働くには不利な点が多い」と答えたと発表した。

女性活躍に必要な職場の改革点としては、全体の8割が「保育や介護支援の公的サービス充実」や「長時間労働の是正」と回答した。

スポンサーリンク


職場にあると良い制度としては「在宅勤務」「時短勤務」「フレックス制」が上位だった。

生活については、働く女性の39.0%が「満足」と回答。仕事内容については、「今後もキャリアを積んでいきたい」が37.0%いた一方、「管理職についてみたい」が19.8%で、女性の管理職への抵抗感が浮き彫りとなった。

(日刊工業新聞 2017/04/19)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-2-26

    明治安田、300万人に増配、死亡率低下分還元、他の生保追随も

    明治安田生命保険は2017年度分の個人保険の契約者配当を増やす方針を固めた。 総額約70億円と11…
  2. 2017-2-21

    6.フット・イン・ザ・ドア・テクニックは生命保険販売においても有効か

    もともと生命保険商品は高額商品です。 一般的な商品の場合、最初から値段が高いと、なかなか最初の一歩…
  3. 2018-10-12

    認知症早期発見プログラム開発 日生系、介護施設向け

    ​日本生命保険はグループ会社を通じて、認知症の発症を遅らせたり、早期発見したりする専用プログラムを開…
  4. 2017-7-11

    夏でも「冷え性」 解決法!

    夏の冷房で手足が冷えてしまい、「冷え性」に悩んでいる方も多くいらっしゃいます。 なぜ、冷え性はなか…
  5. 2017-11-14

    日生がアンケート 働き方改革業種で差

    日本生命保険は13日、23日の「勤労感謝の日」に先立ち、勤労・仕事に関するアンケートを実施した。 …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る