働く女性、8割「不利」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニー生命保険は18日、女性活動に関するアンケートを実施し、働く女性の79.5%が「女性が社会で働くには不利な点が多い」と答えたと発表した。

女性活躍に必要な職場の改革点としては、全体の8割が「保育や介護支援の公的サービス充実」や「長時間労働の是正」と回答した。

スポンサーリンク


職場にあると良い制度としては「在宅勤務」「時短勤務」「フレックス制」が上位だった。

生活については、働く女性の39.0%が「満足」と回答。仕事内容については、「今後もキャリアを積んでいきたい」が37.0%いた一方、「管理職についてみたい」が19.8%で、女性の管理職への抵抗感が浮き彫りとなった。

(日刊工業新聞 2017/04/19)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-4-20

    生損保大手 中小向け保険で攻勢

    大手生損保会社が中小企業向け保険市場の開拓に動いている。 中小企業の保険市場は大手保険会社による開…
  2. 2017-4-27

    米国社債への投資拡大

    生保大手計画 インフラ融資も強化 ​生命保険大手5社の平成29年度上期の運用計画が26日、出そろっ…
  3. 2017-8-3

    ”長生きするほど得する保険”10月投入 かんぽ、品ぞろえ拡充

    かんぽ生命保険の植平光彦社長は日刊工業新聞のインタビューに応じ、同社初となるトンチン型保険を10月に…
  4. 2018-4-23

    精神疾患 予兆も保障 増える患者、保険柔軟に

    厳しい労働環境などでストレスを感じ、心身のバランスを崩す「精神疾患」に備える保険が充実してきた。 …
  5. 2018-5-31

    日本生命 「保険ショップ」強化 7月にも準備会社設立

    日本生命保険は24日、保険ショップなどの代理店経由で販売する商品に特化した新たな保険子会社を設立する…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る