明治安田、300万人に増配、死亡率低下分還元、他の生保追随も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治安田生命保険は2017年度分の個人保険の契約者配当を増やす方針を固めた。

総額約70億円と11年ぶりの大幅増配で、配当が出る個人保険契約全体の4割にあたる300万件が対象となる見通し。

4月に保険料算定基準となる標準死亡率が改定され長寿化の恩恵を還元する。

大手生保も追随する可能性が高い。

対象は死亡保障付きの個人保険と個人年金の約300万件で、1件あたりの配当額は平均2300円増える

明治安田の増配は16年度分(6・5億円)から2年連続。

金額は03年度に合併して以降、110億円を増配した06年度分に次ぐ2番目の規模となる。

保険会社は保険金支払いのデータなどに基づいて作られる「標準生命表」を基準に保険料を決める。

4月にこの生命表が11年ぶりに改定されることが決定。

改定後は、現在40歳男性の場合で1000人中1・48人とされる年間の死亡率が1・18人まで下がる。

多くの生保は死亡保険の値段を引き下げる見通し

新規の契約者には保険料を引き下げ、既存の契約者には生命表の改定分を還元する方向だ。

明治安田の本業のもうけを示すグループ基礎利益は17年4~12月期に16年同期比23%増の3934億円で過去最高益を更新した。

通期でも過去最高となる見通しだ。

(日本経済新聞 2018/02/23)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-23

    悲哀と自虐 句に重ね30年

    ​「ゆとりでしょ? そう言うあなたは バブルでしょ?」 第一生命保険は22日、「第30回サラリーマ…
  2. 2017-4-11

    住生、初の外貨建て保険

    住友生命保険は10日、同社初となる外貨建て保険を17日から販売すると発表した。 ​ 保険料を一括…
  3. 2018-12-17

    外貨建て保険、監督強化 誤解招く利回り説明を見直しへ

    金融庁が生命保険会社の外貨建て保険の監督強化に乗り出した。 超低金利の中で高利回りの外貨建て…
  4. 2017-4-17

    第一生命、詐欺防止へ福岡市と協定

    第一生命保険は14日、営業職員を活用して、高齢者らの詐欺や悪質商法の被害を防止するための協定を福岡市…
  5. 2017-6-21

    外貨建て保険に太陽生命が参入

    T&Dホールディングス傘下の太陽生命保険は7月から、外貨建ての個人年金保険の取り扱いを始める。 …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る