• このエントリーをはてなブックマークに追加

チューリッヒ保険は高齢顧客向けサービス強化のためe-ラーニング研修を5月に始める。

ライフスタイルの変化や公共交通の発達のより若年層では自家用車を持たない世帯が増えている。

スポンサーリンク


そのため自動車保険の加入者は高齢化しており顧客に合わせたサービスの充実が必要となっている。

チューリッヒ保険には約400人のコールセンタースタッフが在籍。

全員を集めての講習はスケジュール的に困難なため、各自が余裕時間で受講できるe-ラーニング方式で研修を行う。

e-ラーニング研修では高齢者にとって聞き取りにくい言葉の響きや言い換え方などを教示。

高齢者の心理的な状態を理解し、共感しながら伝える方法なども紹介する。

e-ラーニングのカリキュラムはコールセンター委託のTMJが開発した。

TMJによると、保険会社や銀行で高齢者対応研修の引き合いが増えているという。

(日刊工業新聞 2017/04/20)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-1-26

    三井生命保険 日生との統合効果で成長ステージに

    トップは語る ​三井生命保険社長 有末真哉さん(59) ​--4月から新しい中期経営計画の年度に入…
  2. 2017-3-1

    4.安定成熟期

    4.安定成熟期 安定成熟期とは成長期を経て、多少の経営上のリスクがあっても、会社の体力で事業が…
  3. 2017-2-27

    営業職を対象に生保営業職賃金値上げ方針 日生・住生・明治安田

    ​日本生命は営業成績に応じて決まる「成果給」を引き上げる。 日本生命保険と住友生命保険、明治安田生…
  4. 2017-3-10

    人と自分は違う

    人と自分は違う かつて単独営業マンだったころ、上司に、営業の1から10まできめ細かく教えられたこと…
  5. 2017-2-21

    1.「何のために?」を答えられるか

    「あなたは何のために生命保険営業の仕事をしているのですか?」 私がこう問いかけます。 あなた…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る