• このエントリーをはてなブックマークに追加

チューリッヒ保険は高齢顧客向けサービス強化のためe-ラーニング研修を5月に始める。

ライフスタイルの変化や公共交通の発達のより若年層では自家用車を持たない世帯が増えている。

スポンサーリンク


そのため自動車保険の加入者は高齢化しており顧客に合わせたサービスの充実が必要となっている。

チューリッヒ保険には約400人のコールセンタースタッフが在籍。

全員を集めての講習はスケジュール的に困難なため、各自が余裕時間で受講できるe-ラーニング方式で研修を行う。

e-ラーニング研修では高齢者にとって聞き取りにくい言葉の響きや言い換え方などを教示。

高齢者の心理的な状態を理解し、共感しながら伝える方法なども紹介する。

e-ラーニングのカリキュラムはコールセンター委託のTMJが開発した。

TMJによると、保険会社や銀行で高齢者対応研修の引き合いが増えているという。

(日刊工業新聞 2017/04/20)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-6-11

    太陽生命「かけつけ隊」好評 2年で利用5万件超え

    ​困った時に駆けつける―。 太陽生命保険は同社の内勤職員が保険契約者や家族を直接訪問し、必要書類の…
  2. 2017-3-23

    マイルで健康増進応援

    ​日本生命保険は22日、保険契約者向けに提供しているマイルサービスを4月に拡充すると発表した。 …
  3. 2018-7-17

    「健康・長生き」保険で後押し

    ​人生100年時代を迎え、健康に長生きしたい人を後押しする生命保険が相次いでいる。 第一生命保険は…
  4. 2017-3-8

    シニア世代のためのライフプラン

    豊かな人生を過ごすための シニアライフ・プランニング 仏教の世界で人間のあらゆる苦しみのことを「四…
  5. 2017-12-14

    乗り合い代理店へ高額手数料 生保各社が自粛方針

    ​生保各社は、保険の乗り合い代理店に対する過度な手数料支払いを自粛する方針を固めた。 自社の商品を…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る