• このエントリーをはてなブックマークに追加

チューリッヒ保険は高齢顧客向けサービス強化のためe-ラーニング研修を5月に始める。

ライフスタイルの変化や公共交通の発達のより若年層では自家用車を持たない世帯が増えている。

スポンサーリンク


そのため自動車保険の加入者は高齢化しており顧客に合わせたサービスの充実が必要となっている。

チューリッヒ保険には約400人のコールセンタースタッフが在籍。

全員を集めての講習はスケジュール的に困難なため、各自が余裕時間で受講できるe-ラーニング方式で研修を行う。

e-ラーニング研修では高齢者にとって聞き取りにくい言葉の響きや言い換え方などを教示。

高齢者の心理的な状態を理解し、共感しながら伝える方法なども紹介する。

e-ラーニングのカリキュラムはコールセンター委託のTMJが開発した。

TMJによると、保険会社や銀行で高齢者対応研修の引き合いが増えているという。

(日刊工業新聞 2017/04/20)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-27

    金融サービス指標 金融庁方針 顧客本意の業務点検

    金融機関に導入を求めるのは、組織や業務の目標の達成度合いを測る「重要業績指標」 金融庁は24日、投…
  2. 2018-1-26

    日生新社長「成長基盤を」 清水氏昇格発表 逆風下 手腕に期待

    ​清水新社長会見 販売競争力の向上▽ITなど先端技術を取り込んだ事業の変革▽グループ経営のさらなる…
  3. 2017-9-22

    仮想ロボ導入 生損保で続々

    保険会社で、定型的な事務作業を自動化するコンピュータプログラム「RPA」の導入が活発だ。​ 日本生…
  4. 2017-6-20

    日生傘下でノウハウ共有(豪同業MLC現地事業拡大に意欲)

    日本生命が2016年10月に買収完了したオーストラリアの生保会社、MLCのデビット・ハケットCEOは…
  5. 2018-4-5

    生協健保 解散を検討

    全国の生協(コープ)の従業員や扶養家族約16万4000人が加入する「日生協健康保険組合」が、早ければ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る