• このエントリーをはてなブックマークに追加

チューリッヒ保険は高齢顧客向けサービス強化のためe-ラーニング研修を5月に始める。

ライフスタイルの変化や公共交通の発達のより若年層では自家用車を持たない世帯が増えている。

スポンサーリンク


そのため自動車保険の加入者は高齢化しており顧客に合わせたサービスの充実が必要となっている。

チューリッヒ保険には約400人のコールセンタースタッフが在籍。

全員を集めての講習はスケジュール的に困難なため、各自が余裕時間で受講できるe-ラーニング方式で研修を行う。

e-ラーニング研修では高齢者にとって聞き取りにくい言葉の響きや言い換え方などを教示。

高齢者の心理的な状態を理解し、共感しながら伝える方法なども紹介する。

e-ラーニングのカリキュラムはコールセンター委託のTMJが開発した。

TMJによると、保険会社や銀行で高齢者対応研修の引き合いが増えているという。

(日刊工業新聞 2017/04/20)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-1-5

    2018成長への展望 外貨建てで資産形成ニーズに応える 明治安田生命保険社長 根岸秋男さん

    異常な低金利環境が当面続くだろう。 外貨建て商品や保障性商品に力を入れたい。 米国の公募社債…
  2. 2017-3-1

    5.事業承継期

    企業の事業承継について現状をみると、社長の平均年齢は58.9歳と年々上昇し、60歳に近づいてきていま…
  3. 2017-2-21

    4.今の自分を分析する能力

    今の自分のスキルを1とする。100日かかって、1.1倍になる努力とはどんなものでしょう。 1日に0…
  4. 2018-5-2

    生保、国債投資再開も、外貨コスト高でやむなく

    利回り低下による運用難を背景に減少が続いていた国債投資を生命保険会社が再開する可能性が出てきた。 …
  5. 2017-9-26

    がんの「代替医療と標準治療」の基礎知識~ネットや口コミの情報に惑わされない!~

    がんの情報はあふれている 現代は情報過多といわれるように、パソコンやスマートフォンで簡単にさまざま…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る