認知症早期発見プログラム開発 日生系、介護施設向け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険はグループ会社を通じて、認知症の発症を遅らせたり、早期発見したりする専用プログラムを開発した。

有料老人ホームを運営する日本老人福祉財団と組んで11月から実証実験を始め、来春にも全国の介護施設に販売する。

2025年には65歳以上の5人に1人が認知症になるとされる。

初期段階で対策できるプログラムを確立し、顧客の医療費や介護負担の削減につながる。

​日生グループのシステム会社、ニッセイ情報テクノロジー(東京・大田)が日本老人福祉財団と開発した。

まず11月から同財団が運営する自立型介護施設「ゆうゆうの里」(佐倉市)で実験し、来春にも全国各地の介護施設に販売する。

(日本経済新聞 2018/10/12)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-31

    持病があっても「共済」加入可能

    病気や死亡時の保障をする共済で、持病があっても健康な人と同様に加入できるタイプの商品が登場している。…
  2. 2017-5-12

    がんにならないための節度ある「飲酒」

    がんにならないための予防法「飲酒について」 飲むなら、節度のある飲酒をする 節度って?どのく…
  3. 2018-6-11

    運用難でも増配ラッシュ 生保、長寿化の恩恵を還元

    ​2018年3月期決算を受け、生命保険会社の間で契約者配当を引き上げる動きが相次いでいる。 すでに…
  4. 2017-7-13

    週休3日 育児や介護に SOMPO傘下の生保 9月から

    ​SOMPOホールディングス傘下の損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は9月から、育児や介護を抱える…
  5. 2018-1-26

    日生、首位死守へ攻め

    金融界で異例のトップ人事が相次いできた。 日本生命保険は25日、保険数理人(アクチュアリー)の有資…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る