家計の知恵 民間介護保険 使いやすく 支払い基準 緩め増加 要支援1でも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保険金を受け取りやすいタイプの介護保険を生命保険会社が投入している。

保険金の支払いを認める基準が公的な介護保険の認定基準と連動するタイプで、比較的軽度の介護状態でも保険金を支払う商品が増えている。

スポンサーリンク


​損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は医療保険などに付ける「介護一時金特約」を発売した。

要介護1以上と認定された場合など最大500万円を一時金または年金の形で受け取れる。

朝日生命の「あんしん介護」の年金タイプは、要介護1以上で終身年金を受け取れる。

あんしん少額短期保険の「みんなのキズナ 介護一時金付定期保険」は7段階の要介護度で最も軽い要支援1から保障が受けれる。

太陽生命の「保険組曲Best」は、いくつかの保険(主契約)を組み合わせる商品の中に介護の保険がある。

「生活介護保険(Ⅱ型)」は、要介護2以上と認定された時などに一時金が受け取れる。

「認知症治療保険」では認知症のほか、要介護1以上と認定された時などに最高500万円を一時金で受け取れる。

(読売新聞  2017/07/05)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-3

    3.お金の増やし方・使い方・守り方

    3つのテーマですが、最初『ふやす』というところから見ていきます。 ふやす時に、ここで大事なのは、『…
  2. 2017-12-5

    来年4月、日本法人社名「アフラック」

    ​米保険大手のアメリカンファミリー生命保険(アフラック)は4日、来年4月に営業を始める日本法人の社名…
  3. 2017-6-7

    生保アプリ 健康手助け 契約者以外も無料

    生保各社が、健康増進をサポートするスマートフォン向けアプリを相次いで公開している。 目標の歩数をク…
  4. 2017-2-28

    3、ファーストアプローチ(初回面談)

    初めて見込み客に会う段階では、個別のニーズについて話をするわけにはいきません。 まずは、年代であっ…
  5. 2018-5-1

    アイリック 保険提案システム、銀行が導入加速

    ​保険ショップ「保険クリニック」を展開するアイリックコーポレーションは、生命保険の現状把握・検索提案…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る