家計の知恵 民間介護保険 使いやすく 支払い基準 緩め増加 要支援1でも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保険金を受け取りやすいタイプの介護保険を生命保険会社が投入している。

保険金の支払いを認める基準が公的な介護保険の認定基準と連動するタイプで、比較的軽度の介護状態でも保険金を支払う商品が増えている。

スポンサーリンク


​損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は医療保険などに付ける「介護一時金特約」を発売した。

要介護1以上と認定された場合など最大500万円を一時金または年金の形で受け取れる。

朝日生命の「あんしん介護」の年金タイプは、要介護1以上で終身年金を受け取れる。

あんしん少額短期保険の「みんなのキズナ 介護一時金付定期保険」は7段階の要介護度で最も軽い要支援1から保障が受けれる。

太陽生命の「保険組曲Best」は、いくつかの保険(主契約)を組み合わせる商品の中に介護の保険がある。

「生活介護保険(Ⅱ型)」は、要介護2以上と認定された時などに一時金が受け取れる。

「認知症治療保険」では認知症のほか、要介護1以上と認定された時などに最高500万円を一時金で受け取れる。

(読売新聞  2017/07/05)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-25

    保険料値上げ その後の戦略は  日本生命保険社長 筒井義信氏

    生命保険各社はこの春、貯蓄型の終身保険などの保険料を一斉に値上げしました。 保険料で預かったお金は…
  2. 2017-3-24

    損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 AI使い当日処理

    損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は保険金支払い業務を自動化。 保険金の支払いを当日中に完了…
  3. 2017-3-23

    インタビュー最前線 太陽生命 田中勝英社長 認知症治療 保障も予防も

    昨年3月、認知症の治療を支援する「ひまわり認知症治療保険」を発売した太陽生命保険の田中勝英社長に、商…
  4. 2018-5-18

    日生の営業、AIタブレットで 来春めど、職員5万人に

    日本生命保険は、顧客に最もふさわしい商品や特典をAI(人工知能)が自動で判断するタブレット端末を、す…
  5. 2017-9-29

    FWD富士生命 社名変更で新スタート

    AIG富士生命は、本年4月にFWDグループの100%子会社になったことを受け、9月1日、関係当局から…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る