はたらく 総合・一般職統合し育成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

従業員を、配置や昇給が異なる「総合職」や「一般職」などのコースに分ける「コース別雇用管理制度」。

女性の働き方の変化に伴い、撤廃する企業が出てきた。

第一生命は09年、一般職コースと総合職コースを統合。

転居がある「グローバル職」と転居がない「エリア職」を設けたが、給与・評価基準は統一した。

内勤社員の6割が女性で、一般職の勤続年数が延び、仕事の幅を広げる必要がでてきたからだ。

一般職廃止には、一般職の意識改革▽一般職が担っていた仕事の振り分け▽総合職の働き方の見直し–といった課題がある。

なかでも、働き方が変わることへの不安は大きい。

第一生命は、旧一般職が担っていた定型業務を、ITシステムの導入や契約社員による分担などで削減。

同時に全社員の労働時間抑制にも取り組む。

(毎日新聞  2017/10/02)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-7-3

    顧客の現況確認 本格運用

    日本郵政グループの日本郵便は30日、簡易書留郵便に返信用はがきを添えて、相手に送り返してもらう「返信…
  2. 2017-2-27

    6.重要なのは情報の落差

    平成28年5月29日施行の保険業法改正によって、生命保険商品の販売において、比較説明と推奨理由を明確…
  3. 2017-3-3

    ⑤入院時のその他の費用

    入院時食事療養費 入院時の食事は現物給付されますが、一部分の金額は自己負担となります。1食360円…
  4. 2017-3-10

    コミュニケーションは受け手がきめる

    スマホが水没して使えなくなってしまいました。しばらく情報アナログ人間になりましたが、なぜか爽やかな時…
  5. 2017-9-22

    仮想ロボ導入 生損保で続々

    保険会社で、定型的な事務作業を自動化するコンピュータプログラム「RPA」の導入が活発だ。​ 日本生…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る