はたらく 総合・一般職統合し育成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

従業員を、配置や昇給が異なる「総合職」や「一般職」などのコースに分ける「コース別雇用管理制度」。

女性の働き方の変化に伴い、撤廃する企業が出てきた。

第一生命は09年、一般職コースと総合職コースを統合。

転居がある「グローバル職」と転居がない「エリア職」を設けたが、給与・評価基準は統一した。

内勤社員の6割が女性で、一般職の勤続年数が延び、仕事の幅を広げる必要がでてきたからだ。

一般職廃止には、一般職の意識改革▽一般職が担っていた仕事の振り分け▽総合職の働き方の見直し–といった課題がある。

なかでも、働き方が変わることへの不安は大きい。

第一生命は、旧一般職が担っていた定型業務を、ITシステムの導入や契約社員による分担などで削減。

同時に全社員の労働時間抑制にも取り組む。

(毎日新聞  2017/10/02)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-9

    日生 AIによる投融資判断を検討

    日本生命保険は8日、ツイッターの書き込みなどを人工知能(AI)で解析し、特定の企業の株価急変を予測す…
  2. 2017-2-23

    ⑤ 年金早分かり

    1.公的年金制度の基礎知識  ⑤ 年金早分かり 既契約者のお客さまである鈴木様ご夫妻が将来老後受け…
  3. 2017-2-22

    金融庁、生保に不信、「地銀の経営、大株主として監視を」

    生命保険業界が金融庁幹部の発言に揺れている。 主な生保会社は上場地銀の株式を数多く持つ「地銀界の大…
  4. 2017-7-5

    認知症対応商品を積極開発 保険各社、賠償請求の高額補償など

    認知症の患者数が増える中で、保険各社が治療や介護のための出費に備えた商品を積極的に開発、販売している…
  5. 2017-3-3

    ②公的医療保険制度の全体像

    まず大切なことをお伝えします。国民年金って原則何歳から何歳まで加入でしたっけ? 原則20歳から60…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る