外貨建て養老保険改定 三井生命

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三井生命保険は10日、10月に外貨建ての一時払い養老保険「ドリームロード」を改定すると発表した。

養老保険としては短期となる保険期間5年の商品を発売するほか、満期に無条件で外貨建ての終身保険に移行できる業界初の特約も新設する。

商品改定は2015年の発売以来、初めて。

従来の保険期間15年、同10年の商品に加えて、同5年の「ドリームロード5」を売り出す。

貯蓄性商品の養老保険の保険期間は15年など長期が一般的だが、余剰資産を抱えるシニア層などからは短期の運用に向く商品の要望が多かった。

さらに満期時に、自己などによる死亡時に保険金を上乗せする「災害保障」が付いた外貨建ての終身保険に移行できる特約を設ける。

終身保険の加入に必要な条件審査や健康告知はいらない。

ドリームロードは三井生命の独自商品だったが、日本生命保険との経営統合を受け、17年10月からは同社が販売している。​​

(日刊工業新聞 2018/09/11)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-2-9

    健康増進保険の研究拠点(住友生命、日米で開発体制整備)

    住友生命保険は2018年夏に発売を予定する健康増進型保険「バイタリティー」の研究拠点を立ち上げる。 …
  2. 2018-9-21

    診断の遅れ、保険で減らす 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命大場社長インタビュー

    超高齢社会になりました。長寿は喜ばしいですが、長生きのリスクに直面するようになりました。 生命保険…
  3. 2017-6-20

    生損保、社外連携活発に

    保険会社が社外と連携して革新的なビジネス創出を目指す「オープンイノベーション」の取り組みを活発化させ…
  4. 2017-4-27

    生保9社 国内債券離れ続く

    国内主要生命保険9社の2017年度資産運用方針が26日までに出そろい、5社が国内債への投資を減らすと…
  5. 2018-9-5

    白内障手術、支払い急増 生命保険会社の先進医療保障 対象から外す動きも

    生命保険会社の医療保険の「先進医療保障」で、白内障手術の支払件数が急増している。 高齢化で患う人が…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る