外貨建ての養老保険参入 第一フロンティア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングス傘下の第一フロンティア生命保険は今秋、一時払い型の外貨建て養老保険に参入する。

4月に就任した武富正夫社長が日本経済新聞の取材で明らかにした。

「顧客自身の資産形成だけでなく、子や孫への生前贈与の需要が増えているのに対応する」といい、9月から銀行窓口で取り扱いを始める。

武富社長は「シニア層の金融資産が増えたのに伴い、相続や贈与など商品の需要が多様化している」と説明。

こうしたなか、自分自身の資産形成と生前贈与の両方に利用できる養老保険を発売すると明らかにした。

(日本経済新聞 2018/07/26)wl_blue

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-9-3

    遺伝情報の取り扱い、生保7社に規定・指針なし

    遺伝子検査結果や家族の病歴などの遺伝情報 保険の加入に当たって遺伝子検査結果や家族の病歴などの遺伝…
  2. 2017-4-27

    生保の資産運用 脱「安全志向」

    高リスク投資、各社が組織再編 ​低金利による運用難に苦しむ生命保険各社が、リスクの高い投資を専門に…
  3. 2017-7-21

    24日テレワーク・デイ 生損保、積極参加

    政府が勤務体制の柔軟化を目指して呼びかけている24日の「テレワーク・デイ」に呼応し、生損保各社が取り…
  4. 2017-5-22

    保険料が全額戻る医療保険も

    4月2日以降に結ぶ契約から、貯蓄性のある生命保険の保険料は、多くのケースで値上がりしています。 保…
  5. 2017-12-1

    保険の共同開発検討(マツキヨHDと第一生命)

    マツモトキヨシHDと第一生命HDは30日、一般消費者向けの保険販売で業務提携すると発表した。  第…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る