外貨建ての養老保険参入 第一フロンティア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングス傘下の第一フロンティア生命保険は今秋、一時払い型の外貨建て養老保険に参入する。

4月に就任した武富正夫社長が日本経済新聞の取材で明らかにした。

「顧客自身の資産形成だけでなく、子や孫への生前贈与の需要が増えているのに対応する」といい、9月から銀行窓口で取り扱いを始める。

武富社長は「シニア層の金融資産が増えたのに伴い、相続や贈与など商品の需要が多様化している」と説明。

こうしたなか、自分自身の資産形成と生前贈与の両方に利用できる養老保険を発売すると明らかにした。

(日本経済新聞 2018/07/26)wl_blue

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-12-22

    太陽生命 都内営業拠点を集約

    太陽生命保険は2018年2月に、現在都内3カ所に分散している営業関連部署を東京・日本橋に集約する。​…
  2. 2017-2-28

    3、ファーストアプローチ(初回面談)

    初めて見込み客に会う段階では、個別のニーズについて話をするわけにはいきません。 まずは、年代であっ…
  3. 2018-10-12

    認知症早期発見プログラム開発 日生系、介護施設向け

    ​日本生命保険はグループ会社を通じて、認知症の発症を遅らせたり、早期発見したりする専用プログラムを開…
  4. 2017-4-27

    三井住友海上 検査アプリ好評

    三井住友海上火災保険が提供する睡眠時無呼吸症候群(SAS)予兆チェックサービスの導入企業が開始後1年…
  5. 2017-3-21

    カードローンや金券提供、過剰営業「自粛を」、全銀協・生保協

    ​ 全国銀行協会と生命保険協会は16日、相次いで過剰な営業を控えるように加盟社に求めた。 生保協…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る