外貨建ての養老保険参入 第一フロンティア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングス傘下の第一フロンティア生命保険は今秋、一時払い型の外貨建て養老保険に参入する。

4月に就任した武富正夫社長が日本経済新聞の取材で明らかにした。

「顧客自身の資産形成だけでなく、子や孫への生前贈与の需要が増えているのに対応する」といい、9月から銀行窓口で取り扱いを始める。

武富社長は「シニア層の金融資産が増えたのに伴い、相続や贈与など商品の需要が多様化している」と説明。

こうしたなか、自分自身の資産形成と生前贈与の両方に利用できる養老保険を発売すると明らかにした。

(日本経済新聞 2018/07/26)wl_blue

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-4-16

    異能の新卒 求める金融

    大手金融機関は、幹部候補となるゼネラリストを大量に確保する従来の新卒採用を見直し、とがった「異能人材…
  2. 2018-3-23

    シニア向け保険相次ぎ登場 90歳まで契約や無告知

    シニア世代をターゲットにした保険が相次ぎ登場している。 90歳まで契約できる医療保険や健康状態の告…
  3. 2017-3-1

    3.成長期

    成長期の法人とは、おおよそ創業10年を超え毎年増収を継続するような、伸び盛りの時期です。 事業を継…
  4. 2018-1-4

    保険各社、スリム化急ぐ

    保険各社が人口減少の加速を見据え、業務体制のスリム化を急ぐ。 ​MS&ADインシュアランス…
  5. 2017-3-1

    7.赤字企業

    赤字企業で気をつけなくてはならないのは連帯保証債務です。 赤字企業の生命保険の加入目的は、社長に万…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る