外貨建ての養老保険参入 第一フロンティア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングス傘下の第一フロンティア生命保険は今秋、一時払い型の外貨建て養老保険に参入する。

4月に就任した武富正夫社長が日本経済新聞の取材で明らかにした。

「顧客自身の資産形成だけでなく、子や孫への生前贈与の需要が増えているのに対応する」といい、9月から銀行窓口で取り扱いを始める。

武富社長は「シニア層の金融資産が増えたのに伴い、相続や贈与など商品の需要が多様化している」と説明。

こうしたなか、自分自身の資産形成と生前贈与の両方に利用できる養老保険を発売すると明らかにした。

(日本経済新聞 2018/07/26)wl_blue

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-5

    成果を最大限に挙げるための最高の手段

    マーケットの要求する商品を、お客さま想いの優秀な営業マンが提供する。 これが成果を最大限に挙げるた…
  2. 2017-2-22

    3.法人のニーズ

    まずは、法人のニーズをしっかり把握しないといけません。 そうしないと何のための生命保険に加入するの…
  3. 2017-5-12

    がんにならないための節度ある「飲酒」

    がんにならないための予防法「飲酒について」 飲むなら、節度のある飲酒をする 節度って?どのく…
  4. 2017-2-23

    ③ 老齢基礎年金・老齢厚生年金

    1.公的年金制度の基礎知識  ③ 老齢基礎年金・老齢厚生年金 老齢基礎年金 国民年金は、20歳か…
  5. 2018-4-5

    生協健保 解散を検討

    全国の生協(コープ)の従業員や扶養家族約16万4000人が加入する「日生協健康保険組合」が、早ければ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る