第一生命 企業保育所誘致へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命保険は、民間企業が主に従業員向けに開設する「企業主導型保育所」を、自社が保有するビルなどに、テナントとして誘致する方針を明らかにした。

​第一生命は第1弾として、鳥取県米子市の自社ビル内に、保育サービスを展開するアイグラン(本社・広島市)の保育所を誘致し、4月に開園する。

アイグランの従業員の子どもを中心に預かるが、近隣住民にも開放するという。

企業主導型保育所は2016年度に始まった制度で、一定要件を満たせば認可保育所と同水準の助成金を国から受けられる。

(読売新聞 2018/03/13)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-6

    住友生命保険 短期投資でも利益逃さず

    日銀のマイナス金利政策について、 藤戸専務は「プラスに働いた点も多い」、「運用はどんな市場環境でも…
  2. 2017-7-12

    ひまわり生命 健康関連事業強化

    ​損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は、最先端のICT(情報通信技術)を活用した健康関連サービスを…
  3. 2018-12-14

    顧客の健康維持をサポート 明治安田生命

    明治安田生命保険の根岸秋男社長 13日までにフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、保険事業を…
  4. 2017-2-28

    3.知識とスキル (1)商品知識 (2)周辺知識

    3.知識とスキル (1)商品知識 ここで言う「商品知識」とは、パンフレットに書いてある商品のスペ…
  5. 2018-11-21

    三井生命、「大樹生命」に社名変更へ 90年の伝統と別れ

    三井生命保険は2019年度にも、社名を「大樹生命保険」に変更する方針を固めた。 15年度に日本生命…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る