第一生命 企業保育所誘致へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命保険は、民間企業が主に従業員向けに開設する「企業主導型保育所」を、自社が保有するビルなどに、テナントとして誘致する方針を明らかにした。

​第一生命は第1弾として、鳥取県米子市の自社ビル内に、保育サービスを展開するアイグラン(本社・広島市)の保育所を誘致し、4月に開園する。

アイグランの従業員の子どもを中心に預かるが、近隣住民にも開放するという。

企業主導型保育所は2016年度に始まった制度で、一定要件を満たせば認可保育所と同水準の助成金を国から受けられる。

(読売新聞 2018/03/13)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-15

    セカンドオピニオンで助かった、陽子線(先進医療)による膀胱がん治療

    68歳の男性です。膀胱がんと診断され、膀胱全摘術をして人工膀胱を作る必要があるといわれましたが、セカ…
  2. 2017-4-4

    インタビュー最前線 日本生命 三笠裕司 常務執行役員 保険の枠超え対応も

    ​日本生命は2017年度末までの中期経営計画を1年前倒しで見直し、今年4月から新たな4カ年計画を打ち…
  3. 2017-2-28

    3.営業セオリー

    生命保険営業では、上手にお客さまの問題点を指摘する方法として、営業セオリーが存在します。 生命保険…
  4. 2017-10-20

    保険金の請求メールで促す

    三井住友海上火災保険が、保険金の支払いが発生しそうな加入者に対して個別にメールや無料通信アプリの「L…
  5. 2017-6-15

    SOMPOHD コンテストで介護事業発掘

    SOMPOホールディングス(HD)と傘下のSOMPOケア(東京都品川区)は、介護系ベンチャー企業の発…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る