トップは語る 第一生命ホールディングス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングス社長 稲垣 精二さん(53) 環境変化味方に独自性や差別化

ーーー持ち株会社と第一生命保険の両方のトップを努めることになった。目指す会社の姿とは

 「昨年10月の持ち株会社で、第一生命は子会社管理から解放され、営業職員を中心とした国内生保事業に集中できる体制になった。

スポンサーリンク


国内3事業、海外6事業を抱える持ち株会社は最適な資本配分や好事例の共有、株主への説明などの役割を担う。

IT分野などで起きている環境変化を味方につけ、独自性や差別化につなげたい」

ーーー「働き方改革」にどう取り組むか

 「単なる労働時間削減ではなく、『生産性向上革命』を起こさないといけない。

業務全般を抜本的に見直し、お客さまに価値を訴えられる業務の優先順位を上げる。

2018年度までの2年間で、16年度の総労働時間の20%に相当する業務量の削減を目指す。

人工知能(AI)やロボット技術も活用しながら業務効率化を進める」

(フジサンケイビジネスアイ 2017/04/13)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-6-5

    加入保険をアプリで一括管理

    インシュアテック(保険とITが融合したサービス)のスタートアップ iChain(東京都中央区)は、…
  2. 2017-6-7

    生保アプリ 健康手助け 契約者以外も無料

    生保各社が、健康増進をサポートするスマートフォン向けアプリを相次いで公開している。 目標の歩数をク…
  3. 2017-7-5

    議決権の開示 悩む運用会社(日生、当面見送りへ)

    投資先企業の株主総会で行使した議決権の個別開示をめぐり、日本生命は4日、開示を見送る方針を明らかにし…
  4. 2017-8-22

    生保、財務基盤を強化 健全性算出法変更に備え

    生命保険会社の健全性を示す指標である「ソルベンシー・マージン比率」の算出方法変更に備え、生保各社が財…
  5. 2017-2-27

    6.バーナム効果を利用する

    誰にでも当てはまる曖昧な質問を投げかけたとします。 するとその質問が自分に投げかけられた質問である…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る