トップは語る 第一生命ホールディングス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングス社長 稲垣 精二さん(53) 環境変化味方に独自性や差別化

ーーー持ち株会社と第一生命保険の両方のトップを努めることになった。目指す会社の姿とは

 「昨年10月の持ち株会社で、第一生命は子会社管理から解放され、営業職員を中心とした国内生保事業に集中できる体制になった。

スポンサーリンク


国内3事業、海外6事業を抱える持ち株会社は最適な資本配分や好事例の共有、株主への説明などの役割を担う。

IT分野などで起きている環境変化を味方につけ、独自性や差別化につなげたい」

ーーー「働き方改革」にどう取り組むか

 「単なる労働時間削減ではなく、『生産性向上革命』を起こさないといけない。

業務全般を抜本的に見直し、お客さまに価値を訴えられる業務の優先順位を上げる。

2018年度までの2年間で、16年度の総労働時間の20%に相当する業務量の削減を目指す。

人工知能(AI)やロボット技術も活用しながら業務効率化を進める」

(フジサンケイビジネスアイ 2017/04/13)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-23

    トンチン年金 契約増 長生きリスクに備え 「子に負担かけたくない」

    ​早く死ぬと損が大きい代わりに長生きするほど多くの年金を受け取れる「トンチン年金」が注目されている。…
  2. 2017-5-2

    第一生命 個別開示へ(株主総会での決議権行使)

    ​第一生命保険は、投資先企業の株主総会で各議案投じた賛否を個別に開示する方針を決めた。 ​第一生命…
  3. 2018-1-11

    日本生命、AIで保険加入・見直しの必要な顧客抽出

    日本生命保険が、人工知能(AI)を活用して保険の加入や見直しの必要な顧客を抽出するシステムの導入を検…
  4. 2017-2-28

    7.見込客への営業プロセスの開示・共有

    お客さまにどれだけ分かりやすく説明ができるかと言うことを考えて見ましょう。 つまり自分が伝えたいと…
  5. 2017-12-22

    第一生命、ミニ保険会社参入(専門会社買収へ)

    第一生命ホールディングス(HD)は来春にも、少額短期保険(ミニ保険)事業に参入する方針だ。 アイア…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る