トップは語る 第一生命ホールディングス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングス社長 稲垣 精二さん(53) 環境変化味方に独自性や差別化

ーーー持ち株会社と第一生命保険の両方のトップを努めることになった。目指す会社の姿とは

 「昨年10月の持ち株会社で、第一生命は子会社管理から解放され、営業職員を中心とした国内生保事業に集中できる体制になった。

スポンサーリンク


国内3事業、海外6事業を抱える持ち株会社は最適な資本配分や好事例の共有、株主への説明などの役割を担う。

IT分野などで起きている環境変化を味方につけ、独自性や差別化につなげたい」

ーーー「働き方改革」にどう取り組むか

 「単なる労働時間削減ではなく、『生産性向上革命』を起こさないといけない。

業務全般を抜本的に見直し、お客さまに価値を訴えられる業務の優先順位を上げる。

2018年度までの2年間で、16年度の総労働時間の20%に相当する業務量の削減を目指す。

人工知能(AI)やロボット技術も活用しながら業務効率化を進める」

(フジサンケイビジネスアイ 2017/04/13)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-7-27

    太陽生命、“社内禁煙”達成 健康経営推進

    ​​太陽生命保険は6月末までに全社挙げての“社内禁煙”を達成した。 2017年10月に「健康経営を…
  2. 2018-8-9

    営業にAIタブレット 太陽生命、音声で保険加入手続き

    ​太陽生命保険は7日、営業職員無権に人工知能(AI)を搭載したタブレット端末を今月中に導入すると発表…
  3. 2017-5-25

    生保4社2.7兆円減収

    ​日本生命など大手4社の2017年3月期決算は、売上高に当たる国内の保険料等収入が前の期に比べ16%…
  4. 2018-3-26

    日生 農地投資参入へ

    ​日本生命保険は、農地の購入や開発を手がけるファンドに投資する方針を明らかにした。 日本銀行のマイ…
  5. 2017-10-27

    日生、割安保険の新会社 19年春にも「ショップ向け」開発

    日本生命は、複数の保険商品を販売する保険ショップ向けに特化して、割安の医療保険などを開発する新会社を…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る