トップは語る 第一生命ホールディングス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングス社長 稲垣 精二さん(53) 環境変化味方に独自性や差別化

ーーー持ち株会社と第一生命保険の両方のトップを努めることになった。目指す会社の姿とは

 「昨年10月の持ち株会社で、第一生命は子会社管理から解放され、営業職員を中心とした国内生保事業に集中できる体制になった。

スポンサーリンク


国内3事業、海外6事業を抱える持ち株会社は最適な資本配分や好事例の共有、株主への説明などの役割を担う。

IT分野などで起きている環境変化を味方につけ、独自性や差別化につなげたい」

ーーー「働き方改革」にどう取り組むか

 「単なる労働時間削減ではなく、『生産性向上革命』を起こさないといけない。

業務全般を抜本的に見直し、お客さまに価値を訴えられる業務の優先順位を上げる。

2018年度までの2年間で、16年度の総労働時間の20%に相当する業務量の削減を目指す。

人工知能(AI)やロボット技術も活用しながら業務効率化を進める」

(フジサンケイビジネスアイ 2017/04/13)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-10-17

    生保、地銀に統治改善促す

    「物言わぬ株主」ともされてきた大手生命保険会社が、地方銀行に企業統治(ガバナンス)の改善を促し始めた…
  2. 2018-1-4

    保険各社、スリム化急ぐ

    保険各社が人口減少の加速を見据え、業務体制のスリム化を急ぐ。 ​MS&ADインシュアランス…
  3. 2017-9-28

    第一生命 糖尿病患者加入基準緩め契約増

    糖尿病患者加入基準緩め契約増 第一生命保険は、糖尿病患者でも健康な人と同じ保険に入れるよう昨年10…
  4. 2017-6-13

    子供を無料招待 日本生命保険とニッセイ文化振興財団​

    全国の子供たちを招待する舞台イベント「ニッセイ名作シリーズ2017」を13日に開始する。​ 全15…
  5. 2017-3-2

    ④お金をまもる

    65歳までに3,000万円を目指して、皆さんが月々4万4000円ずつ、30歳からコツコツコツコツ運用…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る