日生、ESG投資7000億円 20年度までの目標引き上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は、環境や社会、ガバナンス(統治)に考慮した事業を展開する企業などに投資する「ESG債」で、2020年度までの目標投融資額を5000億円上積みし、7000億円に引き上げる検討に入った。

26日に開催した2018年度の運用方針説明会で、同社の秋山直紀財務企画部長が明らかにした。

5月中に最終決定する。

17年度からの中期経営計画では、20年度までの4年間でESG債に2000億円を投融資するとしていたが、17年度の実績額は2022億円となり、初年度で目標額を上回った。

ESG債の投融資額の引き上げに伴い、同債を含む「成長・新規領域」の目標投融資額を現在の1兆5000億円から2兆円に引き上げる。

環境や社会などを重視する観点から、気候変動への影響が大きいとされる石炭火力発電などのプロジェクトには新規の投融資を行わないことも検討しているという。

(日刊工業新聞 2018/04/27)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-1-30

    質問回答で最適保険提案(三菱UFJ系)

    三菱UFJフィナンシャル・グループ子会社のジャパン・デジタル・デザイン(JDD)は、必要事項を入力す…
  2. 2018-8-9

    第一生命、豪で買収へ 生保事業500億円規模

    ​第一生命ホールディングス(HD)は、豪州の金融大手「サンコープ・グループ」から生命保険事業を買収す…
  3. 2018-7-17

    石炭火力に投融資 日生、取りやめへ

    日本生命保険が二酸化炭素(CO2)排出量が多い石炭火力関連事業への新規の投融資を取りやめる方針を固め…
  4. 2018-4-5

    生協健保 解散を検討

    全国の生協(コープ)の従業員や扶養家族約16万4000人が加入する「日生協健康保険組合」が、早ければ…
  5. 2017-3-24

    ネット銀、リアルへ 住信SBIやじぶん銀 金利で差別化難しく

    住信SBIネット銀行などインターネット専業の銀行が「脱ネット」へ動き始めた。 コストを徹底して抑え…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る