日生、ESG投資7000億円 20年度までの目標引き上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は、環境や社会、ガバナンス(統治)に考慮した事業を展開する企業などに投資する「ESG債」で、2020年度までの目標投融資額を5000億円上積みし、7000億円に引き上げる検討に入った。

26日に開催した2018年度の運用方針説明会で、同社の秋山直紀財務企画部長が明らかにした。

5月中に最終決定する。

17年度からの中期経営計画では、20年度までの4年間でESG債に2000億円を投融資するとしていたが、17年度の実績額は2022億円となり、初年度で目標額を上回った。

ESG債の投融資額の引き上げに伴い、同債を含む「成長・新規領域」の目標投融資額を現在の1兆5000億円から2兆円に引き上げる。

環境や社会などを重視する観点から、気候変動への影響が大きいとされる石炭火力発電などのプロジェクトには新規の投融資を行わないことも検討しているという。

(日刊工業新聞 2018/04/27)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-21

    健保 生保が助っ人(明治安田や日生 従業員の健康指導)

    生命保険会社が企業や健康保険組合向けに、医療データを活用して従業員の健康改善を指導するサービスを相次…
  2. 2017-2-24

    富国生命が無許可保育所手当増額

    富国生命保険が、認可外保育所に子供を通わせる女性の新人営業職員を対象に支給している月額5,000円の…
  3. 2017-10-5

    第一生命保険 ESG投資案件選定に力

    案件性差力が高い各部門を通すことで、良好な案件の獲得を目指している。​ ー上期の振り返り、下期の…
  4. 2018-10-30

    生保、下期運用方針固まる オープン外債投資加速、国債の買い入れ再開も

    生命保険会社は、為替リスクをヘッジしないオープン外国債券への投資を拡大する。 米国の利上げで為替ヘ…
  5. 2017-4-27

    T&Dフィナンシャル生命 円建て終身保険再開

    T&Dフィナンシャル生命保険は円建て終身保険の販売を5月1日に再開する。​ 日銀のマイナス金利政策…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る