第一生命保険 ESG投資案件選定に力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

案件性差力が高い各部門を通すことで、良好な案件の獲得を目指している。

ー上期の振り返り、下期の見通しは。

「上期は市場が本当に動かなかった。極めて珍しいことだ。下期も北朝鮮情勢以外はリスク要因がほぼ見あたらない。期初の予定通り運用する」

スポンサーリンク


「市場見通しについては、期末の米国金利を2.7%と見込んでいたが2.5%に下方修正した。金利は緩やかに上がれば良いと考えており、投資スタンスに変更はない」

ーESG投資の状況は。

「企業選定基準にESGを組み込んだファンドに投資するなど、前向きに取り組んでいる。ただ、ESGに関しては欧州の銀行が前のめりなこともあり、国内生保にとって収益を確保できる案件は決して多くない。そのため、良い案件には大手生保がそろって参加する状況だ。長期運用で利回りの良い案件を選んでいく」​

(日刊工業新聞 2017/10/04)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-6-5

    生保 豪を収益源に 大同生命、現地企業に出資 日生・第一、海外戦略の中核

    日本の生命保険各社がオーストラリアに熱視線を送っている。 T&Dホールディングス傘下の大同生命保険…
  2. 2017-3-8

    終身保険は妻への退職金

    今日は、終身保険の必要性についてお話させていただきたいと思います。 募集人:田中さん、本日は貴重な…
  3. 2018-4-23

    生保協会会長に稲垣氏

    ​生命保険協会は20日の理事会で、橋本雅博会長(住友生命保険社長)の後任に第一生命保険の稲垣精二社長…
  4. 2018-3-13

    DWSに400億円出資

    ​日本生命保険は12日、ドイツ銀行傘下の資産運用会社であるドイチェ・アセット・マネジメント(DW…
  5. 2017-5-25

    がんにならない!ための予防法 6項目

    日本ではおよそ「2人に1人」ががんになると言われ「3人に1人」ががんで亡くなっています。 (がんの…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る