生保協会長、出口戦略開かれた議論を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険協会の根岸秋男会長(明治安田生命保険社長)の任期最後となった9日の定例会見

日銀が大規模な金融緩和政策を終わらせる「出口戦略」に関し「オープンに議論させていただきたい」と述べ、機関投資家の立場から市場との対話が必要だと強調した。
 

​日銀が出口戦略を検討する場合には「その時点で最適とされる意見を日銀が提示し、マーケットの意見を聞いていただくことを期待している」と要望した。

次期会長には住友生命保険の橋本雅博社長が内定しており、7月21日付で就任する。

 

(フジサンケイビジネスアイ 2017/06/10)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-27

    1.「コミットメント」する習慣をつける

    一貫性の法則とは、人は一度決めたことは貫き通そうとするということです。 この法則を生命保険営業で用…
  2. 2017-5-12

    がんにならないための節度ある「飲酒」

    がんにならないための予防法「飲酒について」 飲むなら、節度のある飲酒をする 節度って?どのく…
  3. 2018-6-19

    分散型台帳に健康情報 FiNC、保険商品開発に活用

    スマートフォン(スマホ)用ヘルスケアアプリを提供するFiNC(フィンク、東京・千代田)はブロックチェ…
  4. 2017-2-22

    7.法人の契約に「年金支払特約」を付加されていらっしゃいますか?

    社長アプローチ話法の具体例を紹介しましょう。 お会いしたとたんに社長さんに・・・ ・お客さま…
  5. 2018-12-4

    住生、総労働時間10%減 東京本社移転で働き方改革

    住友生命保険は3日、2022年度の東京本社移転に向けた働き方改革の施策を発表した。 新しい本社オフ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る