生保協会長、出口戦略開かれた議論を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険協会の根岸秋男会長(明治安田生命保険社長)の任期最後となった9日の定例会見

日銀が大規模な金融緩和政策を終わらせる「出口戦略」に関し「オープンに議論させていただきたい」と述べ、機関投資家の立場から市場との対話が必要だと強調した。
 

​日銀が出口戦略を検討する場合には「その時点で最適とされる意見を日銀が提示し、マーケットの意見を聞いていただくことを期待している」と要望した。

次期会長には住友生命保険の橋本雅博社長が内定しており、7月21日付で就任する。

 

(フジサンケイビジネスアイ 2017/06/10)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-3-13

    第一生命 企業保育所誘致へ

    ​第一生命保険は、民間企業が主に従業員向けに開設する「企業主導型保育所」を、自社が保有するビルなどに…
  2. 2018-3-26

    日本生命 糖尿病予備軍向けの予防プログラム

    ​日本生命保険は23日、生活習慣病の重症化予防プログラムの研究・開発に取り組む計画を発表した。 第…
  3. 2018-3-7

    明治安田が来年4月から 健診結果を提出

    ​明治安田生命保険が、健康状態が良好であれば保険料の一部を払い戻すキャッシュバック制度を来年4月に導…
  4. 2018-2-15

    日本生命の4~12月期、基礎利益8%増 法人向け保険が堅調

    日本生命保険が15日発表した2017年4~12月期の連結決算は、本業のもうけを示す基礎利益が前年同期…
  5. 2018-10-30

    生保、下期運用方針固まる オープン外債投資加速、国債の買い入れ再開も

    生命保険会社は、為替リスクをヘッジしないオープン外国債券への投資を拡大する。 米国の利上げで為替ヘ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る