生保協会長、出口戦略開かれた議論を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険協会の根岸秋男会長(明治安田生命保険社長)の任期最後となった9日の定例会見

日銀が大規模な金融緩和政策を終わらせる「出口戦略」に関し「オープンに議論させていただきたい」と述べ、機関投資家の立場から市場との対話が必要だと強調した。
 

​日銀が出口戦略を検討する場合には「その時点で最適とされる意見を日銀が提示し、マーケットの意見を聞いていただくことを期待している」と要望した。

次期会長には住友生命保険の橋本雅博社長が内定しており、7月21日付で就任する。

 

(フジサンケイビジネスアイ 2017/06/10)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-9

    第27回読者が選ぶネーミング大賞に日本生命保険の「グランエイジ」

    人生100年生き生きと グランは「雄大・壮大」を表す「グランド」のフランス語読み、エイジは「年齢・…
  2. 2017-11-27

    保険ショップ支援見直し(生保各社、過度な販促廃止)

    生命保険各社が保険ショップに対する過度な販売支援策を廃止する。 各社は手数料を上乗せするなどして自…
  3. 2017-3-7

    仕事ができる人できない人  

    仕事ができるとか仕事ができないという評価はどのようにして定まってゆくのでしょうか? はっきりしてい…
  4. 2018-3-13

    日生は総額300億円!大手生保が運用難でも契約者に還元する事情

    生命保険業界で今春、大きな焦点となっていた長寿化(標準生命表の死亡率の改善)に伴う保険料率の改定。 …
  5. 2018-11-6

    アクサ生命 年80億円投資へ、病気予防や再発防止で日本は草分け

    アクサ生命保険は日本事業拡大へ年80億円の投資を続ける。 高齢化の中で蓄積する病気予防といったノウ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る