生保協会長、出口戦略開かれた議論を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険協会の根岸秋男会長(明治安田生命保険社長)の任期最後となった9日の定例会見

日銀が大規模な金融緩和政策を終わらせる「出口戦略」に関し「オープンに議論させていただきたい」と述べ、機関投資家の立場から市場との対話が必要だと強調した。
 

​日銀が出口戦略を検討する場合には「その時点で最適とされる意見を日銀が提示し、マーケットの意見を聞いていただくことを期待している」と要望した。

次期会長には住友生命保険の橋本雅博社長が内定しており、7月21日付で就任する。

 

(フジサンケイビジネスアイ 2017/06/10)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-9-10

    認知症を早期発見・予防 SOMPO保険加入者向け

    SOMPOホールディングス(HD)は5日、認知症の早期発見や予防、発病後のケアなどを支援する保険加入…
  2. 2017-8-17

    新トップに聞く 第一生命ホールディングス 稲垣精二氏54 「若年層向け商品 強化」

    ​国内市場の縮小には、10年かけて事業を多様化してきた。 超低金利での運用については、魅力的な案件…
  3. 2017-11-14

    日生がアンケート 働き方改革業種で差

    日本生命保険は13日、23日の「勤労感謝の日」に先立ち、勤労・仕事に関するアンケートを実施した。 …
  4. 2018-12-17

    がんゲノム医療 初承認へ 検査システム、普及へ一歩

    がんゲノム医療 ​厚生労働省は、がん患者の遺伝子変異を調べ、効果が見込める薬を選ぶ「…
  5. 2017-3-1

    3.成長期

    成長期の法人とは、おおよそ創業10年を超え毎年増収を継続するような、伸び盛りの時期です。 事業を継…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る