定年延長シニアを生かす 明治安田/日生 豊富な経験・知識が魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人手不足や技能承継などを背景に定年を一般的な60歳ではなく、65歳以上に引き上げる企業が増えている。

賃金体系をおおむね維持するなど、社員のやる気を引き出す仕組みを整えるのが最近の傾向だ。

従来の再雇用制度と違い、あくまで戦力としてシニア層の活躍に期待する。

政府は継続雇用年齢を70歳にする検討も始めた。定年延長を導入した企業に課題と成果を聞く。(特別取材班)

生命保険業界で定年延長の動きが広がるのは、豊富な職務経験や専門知識を持つ「シニア人材」を積極的に活用するためだ。

生産年齢人口が減り将来の安定採用に不安が残る中、保険業務を熟知した人材を最大限に活用し、事業の継続的な成長につなげる。

明治安田生命保険は2016年7月、大手生保で初めて全内務職員の定年延長を決めた。19年4月に定年を60歳から65歳に引き上げる。

これに日本生命保険が続き、全内務職員を対象に同様の施策を打ち出した。21年に実施する。

生命保険会社は幅広い年代を顧客に持ち、長期間の保険契約を抱える。それだけに顧客対応の善しあしは会社の評判を左右する。

定年延長で厚みが増すシニア人材は、営業推進や契約の維持といった顧客対応などで活躍してもらう。

資産運用などの中核業務でも、専門知識を持つシニア人材を活用する動きも出てきそうだ。

明治安田生命の住吉敏幸執行役員人事部長は、「人材活用のほかに、企業として社会的要請に応えるものだ」と説明する。

シニア人材の活躍の場を広げることで、政府が提唱する一億総活躍社会に貢献する考えだ。

(日刊工業新聞 2018/10/24)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-9-11

    健康経営支援、埼玉県と連携 アクサ生命

    アクサ生命保険は埼玉県と県内企業の健康経営の取り組みを推進する連携協定を6日に結んだ。 県内に14…
  2. 2017-3-2

    ④お金をまもる

    65歳までに3,000万円を目指して、皆さんが月々4万4000円ずつ、30歳からコツコツコツコツ運用…
  3. 2018-2-13

    医療保険、長寿化でも値上げ見送り

    医療保険が主力の保険会社の間で保険料を引き下げたり、据え置いたりする動きが相次いでいる。 死亡率の…
  4. 2017-4-17

    日本生命、劣後債1000億円発行

    日本生命は13日、国内の機関投資家向けに劣後債を1000億円発行すると発表した。 ​2020年度末…
  5. 2018-2-26

    明治安田、300万人に増配、死亡率低下分還元、他の生保追随も

    明治安田生命保険は2017年度分の個人保険の契約者配当を増やす方針を固めた。 総額約70億円と11…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る