介護休業中の給与補償 三井住友海上 下旬に新型保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三井住友海上火災保険は介護に伴って給与が減ったり、無給になったりした際に所得を補償する保険を4月下旬から販売する。

介護休暇に伴う給与減や国の給付金が終わった後の無給期間を想定している。​

スポンサーリンク


​新型の保険は団体総合生活補償保険の特約として企業向けに販売し、従業員は会社を通じて契約する。

従業員の親が要介護2以上になり、介護休業を取得した場合に保険金を支払う。

保険金額は最大で月200万円。

支払期間や月額の保険金額は各企業の要望に応じて決める。

保険金が月額20万円で補償期間9カ月の場合、保険金は月1040円程度になる。

(日本経済新聞 2017/04/11)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-2

    ④お金をまもる

    65歳までに3,000万円を目指して、皆さんが月々4万4000円ずつ、30歳からコツコツコツコツ運用…
  2. 2017-6-27

    第一生命HD 保険とIT融合 最優先で推進

    第一生命ホールディングスは26日、都内で定時株主総会を開いた。 稲垣精二社長は「インステック(保険…
  3. 2017-10-2

    はたらく 総合・一般職統合し育成

    ​従業員を、配置や昇給が異なる「総合職」や「一般職」などのコースに分ける「コース別雇用管理制度」。 …
  4. 2017-5-17

    太陽生命が「赤ひげ大賞」特別協賛

    太陽生命は16日、地域で貢献的な医療活動に取り組む医師を顕彰する第6回「日本医師会 赤ひげ大賞」(主…
  5. 2017-2-28

    2、アポイントメント

    ここで考えなければいけないことは、「アポを取る」という一点です。 生命保険の内容など話す必要はあり…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る