介護休業中の給与補償 三井住友海上 下旬に新型保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三井住友海上火災保険は介護に伴って給与が減ったり、無給になったりした際に所得を補償する保険を4月下旬から販売する。

介護休暇に伴う給与減や国の給付金が終わった後の無給期間を想定している。​

スポンサーリンク


​新型の保険は団体総合生活補償保険の特約として企業向けに販売し、従業員は会社を通じて契約する。

従業員の親が要介護2以上になり、介護休業を取得した場合に保険金を支払う。

保険金額は最大で月200万円。

支払期間や月額の保険金額は各企業の要望に応じて決める。

保険金が月額20万円で補償期間9カ月の場合、保険金は月1040円程度になる。

(日本経済新聞 2017/04/11)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-11-13

    生保 相次ぎ健康増進型

    ​健康診断や運動を促し顧客に健康になってもらう「健康増進型」の分野に大手生命保険会社が出そろう。 …
  2. 2018-1-22

    外貨建て保険 絶えぬトラブル 高齢者中心に相談増加

    ​銀行窓口で販売する保険商品をめぐってトラブルが絶えない。 「外貨建て保険」に対し、高齢者を中心に…
  3. 2018-1-10

    プルデンシャル生命、女性の営業員2割に引き上げ

    ​プルデンシャル生命保険は営業を手掛ける「ライフプランナー」で女性の割合を高める。 現在は1割に満…
  4. 2017-8-4

    病気とお金を考える

    身近な病気と言われている「がん」についてのお話。 現代では、おおよそ2人に1人が、がんと診断され、…
  5. 2018-7-11

    銀行窓販で「トンチン」年金 T&Dフィナンシャル生命、シニア層に訴求

    ​​T&Dフィナンシャル生命保険は、一時払い型の長寿生存年金保険「長寿プレミアム」を17日に発売する…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る