日生 農地投資参入へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は、農地の購入や開発を手がけるファンドに投資する方針を明らかにした。

日本銀行のマイナス金利政策で収益環境が悪化しており、運用先を広げ、収益を確保する狙いがある。



国内の大手生保が農地投資に参入するのは初めてとみられる。

日本生命は国債への投資で一定の運用益を上げてきたが、10年物国債の流通利回りは年0%程度で推移する。

農地投資の第一弾として、今年4月をめどに、米資産運用会社「ハンコック・ナチュラル・リソース・グループ」が運用する海外の投資ファンドに、100億円を出資する。

10年程度の長期投資で、年5%の利回り確保を目指す。

長低金利のなかでも生保各社は契約者に支払う利回りを確保する必要がある。

新たな運用先として、農地投資など、環境保護や社会貢献、企業統治などを重視する「ESG投資」が注目されている。

日本生命は、ESGの分野で、2020年度までに約2000億円を投じる方針だ。​

(読売新聞 2018/03/25)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-4-27

    生保9社 国内債券離れ続く

    国内主要生命保険9社の2017年度資産運用方針が26日までに出そろい、5社が国内債への投資を減らすと…
  2. 2017-6-27

    年代によって変わる女性の健康問題

    ⼥性の健康問題は年齢によっていろいろ起こってきます。 妊娠・出産 不妊症 卵巣がん …
  3. 2017-2-21

    7.活動は習慣化が大切

    活動は習慣化が大切。そうは言っても、自分で決めたことでも、なかなか活動が習慣化できないんだよという人…
  4. 2017-11-29

    禁煙成功率が2~3倍にUP!禁煙に成功する方法

    タバコの健康への悪影響が広く知られるようになりました。 さらに喫煙者だけでなく周囲の人に及ぼす受動…
  5. 2017-4-17

    明治安田生命 女性管理職2割超える

    明治安田生命保険は管理職全体に占める女性の割合が4月1日時点で21.2%になった。​ ​2016年…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る