日生 農地投資参入へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は、農地の購入や開発を手がけるファンドに投資する方針を明らかにした。

日本銀行のマイナス金利政策で収益環境が悪化しており、運用先を広げ、収益を確保する狙いがある。



国内の大手生保が農地投資に参入するのは初めてとみられる。

日本生命は国債への投資で一定の運用益を上げてきたが、10年物国債の流通利回りは年0%程度で推移する。

農地投資の第一弾として、今年4月をめどに、米資産運用会社「ハンコック・ナチュラル・リソース・グループ」が運用する海外の投資ファンドに、100億円を出資する。

10年程度の長期投資で、年5%の利回り確保を目指す。

長低金利のなかでも生保各社は契約者に支払う利回りを確保する必要がある。

新たな運用先として、農地投資など、環境保護や社会貢献、企業統治などを重視する「ESG投資」が注目されている。

日本生命は、ESGの分野で、2020年度までに約2000億円を投じる方針だ。​

(読売新聞 2018/03/25)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-2

    ②お金をふやす

    3つのテーマですが、最初『ふやす』というところから見ていきます。 ふやす時に、ここで大事なのは、『…
  2. 2017-7-20

    商品・代理店・サービスを拡充 T&Dファイナンシャル生命 執行役員事業本部長 西村維晃(まさあき)氏に聞く

    T&Dファイナンシャル生命の昨年度の新契約高は2354億円。 継続的に取り組んできた複線…
  3. 2017-3-21

    カードローンや金券提供、過剰営業「自粛を」、全銀協・生保協

    ​ 全国銀行協会と生命保険協会は16日、相次いで過剰な営業を控えるように加盟社に求めた。 生保協…
  4. 2017-2-21

    3.結果主義

    結果主義は目標の達成が100%ありきから逆算して、ダンドリし、行動を組み立て、最後まで結果にこだわる…
  5. 2018-5-7

    健康診断の提出で2割引きも。大手参入で「健康増進保険」は広がるか

    定期的な運動など健康を増進させる活動にインセンティブを与える新型の生命保険が、2018年度に本格普及…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る