女性リーダー、20代に磨く、未来像、上司と共有、出産前に重要事業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

意欲的に働き続ける女性を育てるため、初期キャリアへの働きかけを重視する企業が増えてきた。

20代のうちから多くの経験を積ませる。出産などのライフイベントの前に仕事のやりがいを実感させることで、キャリア意識や成長意欲を高める。

スポンサーリンク


​若手社員自らキャリアを考える会を企画したのは第一生命保険。グループ3社の20~30代の女性社員約30人が参加し、やりがいや目指す姿について語り合う交流会を2月に初開催した。

「日々、余裕がない中で、キャリアについて考えるいい機会になった」と企画運営にあたった人事部の連川いおりさん(29)は話す。

女性社員が高い意欲を持って仕事を続けられるよう、若手のうちから積極的に働きかける企業が増えている。

「出産・育児で仕事に制約が生まれる女性は、男性より早期育成の必要性が高い」とリクルートワークス研究所の石原直子氏。

「ライフイベントを迎える前の時間を無駄にせず、多くの経験を積ませて能力を高めること、やりがいを感じさせて仕事を続けたいと思ってもらうことが重要だ」と指摘する。

(日本経済新聞 2017/03/06)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-4-24

    保険会社、海外人材を育成

    ​保険会社がグローバル人材の育成に乗り出している。 日本人社員の育成やグローバルな人材交流を通じ、…
  2. 2017-7-5

    認知症対応商品を積極開発 保険各社、賠償請求の高額補償など

    認知症の患者数が増える中で、保険各社が治療や介護のための出費に備えた商品を積極的に開発、販売している…
  3. 2017-2-27

    5.映像でイメージできるほど伝わっているか

    私たちが話したことが、お客さまの頭の中で映像で浮かんでくるほど想像しやすいかどうかはとても重要です。…
  4. 2018-1-22

    第一生命 米で1400億円買収

    ​第一生命ホールディングスは19日、米国連結子会社のプロテクティブ生命保険を通じて、米中堅生保リバテ…
  5. 2018-2-19

    生損保「人材確保は地方で」 相次ぐ機能移転、手厚い誘致策も奏功

    大規模災害に備えたリスク分散を目的に、生損保などが基幹業務の一部を相次いで地方に移転している。 東…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る