新春インタビュー直球緩球(第一生命HD 稲垣精二社長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日米にフィンテック開発拠点

--昨春の社長就任後、新たに見えてきた課題は

「当社が目指すのはグローバルの大手企業と互角に戦うことだ。グループの英知を結集するため、海外グループ会社のトップにも、より積極的に経営に参画してもらう仕掛けを作る」

--ITを活用した金融サービス「フィンテック」の戦略は

「米シリコンバレーと東京に4月、開発拠点を開設する。失敗を恐れず、自由に試してもらう場にする。計約20人体制になる見込みで、ヘルスケア分野の専門家などの中途採用も検討している。いいアイデアが出てくれば、グループ会社に展開していきたい」

--4月の標準生命表改定への対応は

「そのタイミングで当社で蓄積してきた契約者の健康状態や保険料の支払いといったビッグデータを生かし、健康増進をキーワードにした商品を発売したい」

--外貨建て保険の売れ行きが好調だ

「傘下の第一フロンティア生命保険が開発した外貨建て保険を第一生命保険の営業職員が積極的に売っている。平成29年度上期の第一フロンティア売り上げの約1割はこの経路での販売だった。この動きはさらに加速している」

--代理店の販路拡大の方針は

「顧客の嗜好(しこう)が多様化し、営業職員が接触できない層も出てきた。ドラッグストアなど健康に気を使う人が集まる場所を狙って、当社の保険商品を販売してもらえる先を増やしたい」

(産経新聞  2018/01/19)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-31

    三井住友海上 中国で生保

    三井住友海上火災保険は23日、中国の生命保険市場に参入すると発表した。 大手銀行「交通銀行」傘下の…
  2. 2017-12-22

    生保、乗り合い代理店への上乗せ報酬自粛

    生命保険協会が、複数の保険を扱う「乗り合い代理店」に対して通常の手数料とは別に支払う上乗せ報酬を自粛…
  3. 2017-5-1

    かんぽ生命、値上げを好機に

    ​かんぽ生命が4月に保険料を値上げしたものの、新規客の獲得で予想外に健闘している。 ​関係者は、4…
  4. 2017-6-15

    第一生命HD滋賀大と連携

    第一生命ホールディングスはデータサイエンティストの育成を目的に滋賀大学と産学連携協定を締結した。​ …
  5. 2018-3-1

    生保タッグで対話強化、日生・第一など10社、投資先に改善促す

    日本生命保険や第一生命保険など生保10社が、投資先企業との対話強化へ連携する。 年度内にも投資先1…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る