生保にフィンテック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険大手が人工知能(AI)やビッグデータを駆使した「フィンテック保険」の開発を進めている。

フィンテックの中で保険分野は「インシュアテック」「インステック」とも呼ばれる。

スポンサーリンク


生保は保障内容で商品に差を付けにくくなっている。

病気の未然防止を促す保険や、きめ細かい保険料の設定などに開発の軸足を移している。

生保大手のフィンテックを活用する主な取り組み

日本生命   :オーストラリアでウェアラブル端末を使った実証実験

第一生命HD :4月に専門部署設置。AIで糖尿病患者6~7万人の電子カルテ分析

明治安田生命:一部社員にウェアラブル端末を貸与

住友生命   :来夏にも健康ビッグデータを使った保険発売

(日本経済新聞 2017/04/26)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-24

    ②ファクトファインディングの目的

    ファクトファイディングの目的は、必要保障額の算出に必要な情報を得ながら深い信頼を築き、紹介入手のため…
  2. 2018-11-15

    「節税保険」再ブーム過熱 日生の「発明」、国税庁は想定外

    「保険料を経費として計上できます。課税されず、必要なときに解約すればお金が戻ってきます」。 埼玉の…
  3. 2018-2-16

    主要生保、5グループが増収、4~12月

    国内の主な生命保険会社の2017年4~12月期決算が15日、出そろった。 売上高にあたる保険料等収…
  4. 2018-5-18

    日生が保険ショップ向け商品 新会社、伊藤忠出資も

    日本生命保険は、若い世代や家族連れの顧客が多い保険ショップ(販売代理店)向けの保険開発を始める。 …
  5. 2018-5-8

    「サバティカル休暇」制度に注目

    サバティカル休暇制度が注目されています。 一定期間勤続した社員に1ヶ月~1年程度の長期休暇を与える…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る