生保、財務基盤を強化 健全性算出法変更に備え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険会社の健全性を示す指標である「ソルベンシー・マージン比率」の算出方法変更に備え、生保各社が財務基盤の強化に動いている。

富国生命保険は9月に300億円の劣後債を発行する。

日本生命保険や明治生命保険は8月に、株式会社の資本金に当たる「基金」をそれぞれ500億円積み増した。

スポンサーリンク


超低金利で資金調達がしやすくなっていることも、各社の資本増強を後押ししている。

現在のソルベンシー・マージン比率を算出する際に、企業の負債を簿価で評価しているが、IFRS(国際会計基準)の保険会社への適応や、国際的な保険会社への規制強化により、負債を時価で評価する可能性が出ている。

時価評価すると「大手各社のソルベンシー・マージン比率が、300-400%に低下する可能性もある」という。

現在は国際的に議論が進んでいる段階で、決定はしていない。

もし決定すれば、金融庁も海外の規制に合わせると予想されるため、生保各社は財務基盤強化を進めている。

日本生命は4月には計1000億円に劣後債を発行した。

明治安田生命は基金募集などを通じ、「16年度末時点で2兆5000億円だった自己資本を、19年度末に3兆円に増やす」。

朝日生命保険は1月にドル建ての劣後債を発行。第一生命保険、住友生命保険も16年に劣後債を発行している。

(日刊工業新聞 2017/08/22)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-6-22

    「デジタルに500億円」MS&AD柄沢社長が投資方針

    ​MS&ADインシュアランスグループホールディングスの柄沢康喜社長は21日までに産経新聞のインタビュ…
  2. 2017-6-15

    第一生命HD滋賀大と連携

    第一生命ホールディングスはデータサイエンティストの育成を目的に滋賀大学と産学連携協定を締結した。​ …
  3. 2018-3-6

    あんしん生命の商品開発力

    生損保一体化 調査研究に強み 一般的な生保は営業職員や保険ショップ、銀行を通じて保険を販売するが、…
  4. 2017-2-24

    ②申込手続きとポリシーレビューで注意するポイント

    1.申込手続きが負担にならないようにする 生命保険のお申込み手続きは、一般的に説明が必要な書類やご…
  5. 2017-3-7

    ダンドリ

    実際の行動に移る前の「ダンドリ」を以下にきめ細かく手抜きなくやるかは、あなたの行動の成否を握っていま…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る