石炭火力に原則融資せず 明治安田、環境に配慮方針

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治安田生命保険は10月から、石炭火力発電向けの新規の投融資を原則取りやめる。

国内外問わず、今後は二酸化炭素(CO2)排出量が少ない最先端の技術を使った場合に限り、新規案件を検討する。

日本生命保険と第一生命保険も石炭火力の新規の事業融資を停止する方針。明治安田は事業融資に加え、石炭火力の整備を目的とした企業への投融資も停止する。

明治安田は通常の石炭火力よりCO2排出量が1~2割程度少ない「超々臨界圧」方式など、高効率な方式の発電所の建設に限り、新規の投融資を検討する。

明治安田は2020年3月までの中期経営計画で、環境などに配慮した「サステナビリティ投融資」を5000億円まで積み上げる方針を示している。今回の取り組みはその一環となる。

石炭火力発電を巡っては、地球温暖化を防ぐための国際的な枠組み「パリ協定」が16年に発効したのを受け、欧米の金融機関を中心に投融資を控える動きが広がっている。

国内では日生と第一生命のほか、三井住友銀行なども原則としてCO2排出量が多い事業への新規融資を取りやめる指針を公表した。

(日本経済新聞 2018/09/12)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-1

    ライバルに比べられない自分になる、強み発掘の法則

    生命保険営業において、私自身が実践したライバルに比べられない自分になるための、強み発掘の法則をお伝え…
  2. 2018-10-30

    生保、下期運用方針固まる オープン外債投資加速、国債の買い入れ再開も

    生命保険会社は、為替リスクをヘッジしないオープン外国債券への投資を拡大する。 米国の利上げで為替ヘ…
  3. 2017-6-1

    フコクしんらい生命保険社長櫻井健司氏 信金と連携し保険拡販

    足元の事業環境はマイナス金利の影響で一時払い数進保険が販売停止となるなど厳しいが、「第2の創業のつも…
  4. 2018-3-20

    家計の金融資産、過去最高!

    家計の金融資産が1880兆円(前年度比3.9%増)となり、過去最高を更新しました。 主な要因は、株…
  5. 2017-3-1

    7.赤字企業

    赤字企業で気をつけなくてはならないのは連帯保証債務です。 赤字企業の生命保険の加入目的は、社長に万…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る