石炭火力に原則融資せず 明治安田、環境に配慮方針

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治安田生命保険は10月から、石炭火力発電向けの新規の投融資を原則取りやめる。

国内外問わず、今後は二酸化炭素(CO2)排出量が少ない最先端の技術を使った場合に限り、新規案件を検討する。

日本生命保険と第一生命保険も石炭火力の新規の事業融資を停止する方針。明治安田は事業融資に加え、石炭火力の整備を目的とした企業への投融資も停止する。

明治安田は通常の石炭火力よりCO2排出量が1~2割程度少ない「超々臨界圧」方式など、高効率な方式の発電所の建設に限り、新規の投融資を検討する。

明治安田は2020年3月までの中期経営計画で、環境などに配慮した「サステナビリティ投融資」を5000億円まで積み上げる方針を示している。今回の取り組みはその一環となる。

石炭火力発電を巡っては、地球温暖化を防ぐための国際的な枠組み「パリ協定」が16年に発効したのを受け、欧米の金融機関を中心に投融資を控える動きが広がっている。

国内では日生と第一生命のほか、三井住友銀行なども原則としてCO2排出量が多い事業への新規融資を取りやめる指針を公表した。

(日本経済新聞 2018/09/12)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-6-29

    「節税保険」実態解明へ 

    ​生命保険各社が「節税」をアピールして中小企業経営者に売り込む保険について、金融庁が商品の設計などを…
  2. 2017-5-24

    アマゾンキンドル本 新刊発売!生命保険販売を成功に導く「営業の王道」3部作シリーズ

    「勝者の選択 ニーズコンサルティングセールス」 基本的なコンサルティングセールスでは、お客さまの不…
  3. 2018-2-26

    明治安田 中高年の研修に注力

    2019年度から定年を65歳に延長する明治安田生命保険。 働き手の減少と業務量の増加が進む中で活躍…
  4. 2018-7-25

    外貨建て保険元本割れ対応 生保協、銀行と連携 リスクの説明徹底へ

    外貨建て保険元本割れ対応について 生命保険協会の稲垣精二会長(第一生命保険社長)は20日、就任後初…
  5. 2018-9-13

    変わる働き方/損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険、同水準で社員の意欲向上

    「基幹職」で仕事・報酬区分を撤廃 / 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険の取り組みは日本社会になじ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る