分散型台帳に健康情報 FiNC、保険商品開発に活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン(スマホ)用ヘルスケアアプリを提供するFiNC(フィンク、東京・千代田)はブロックチェーン(分散型台帳)を活用した健康サービス事業に参入する。

健康データなどをブロックチェーン上に保存して複数の医療機関で使える汎用性をもたせ、利用者の健康状態にあわせた保険商品の提案などに生かす。年内に健康アプリに搭載する考えだ。

フィンクが提供する利用者向けアプリなどで収集した健康データや行動履歴をブロックチェーン上に保存する。

スタートアップのブロックチェーンテクノロジーズ(BCT、東京・千代田)と連携し、運動や食生活など健康につながる行動をとっていれば保険料が安くなるようなサービスにつなげる。

病院や製薬会社などと提携する考えだ。現在の健康情報は病院ごとに管理システムが異なり汎用性がない。

電子カルテや処方薬の情報をブロックチェーンに記録すれば、適切な健康プログラムの提案などを提案できる可能性がある。

フィンクは医療費の削減などに健康データを活用できるとみる。

(日本経済新聞 2018/06/18)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-22

    7.法人の契約に「年金支払特約」を付加されていらっしゃいますか?

    社長アプローチ話法の具体例を紹介しましょう。 お会いしたとたんに社長さんに・・・ ・お客さま…
  2. 2017-2-20

    日生とニチイ学館 100保育所全国に1800人受け入れ

    ​日本生命は17日、ニチイ学館と共同で、保育所を全国展開すると発表した。 2018年春までに全都道…
  3. 2017-3-2

    ④お金をまもる

    65歳までに3,000万円を目指して、皆さんが月々4万4000円ずつ、30歳からコツコツコツコツ運用…
  4. 2017-2-27

    1.人は希少性のあるものに価値を見出す

    金(ゴールド)が高いのは、その数自体が少ないためです。 鉄は数が多いため、格段に安い値段となります…
  5. 2017-12-18

    金融庁、新たな検査基準発表

    ​金融庁は15日、金融機関を検査する際の新しい基準となる「検査・監督基本方針」を発表した。 ​金融…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る