分散型台帳に健康情報 FiNC、保険商品開発に活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン(スマホ)用ヘルスケアアプリを提供するFiNC(フィンク、東京・千代田)はブロックチェーン(分散型台帳)を活用した健康サービス事業に参入する。

健康データなどをブロックチェーン上に保存して複数の医療機関で使える汎用性をもたせ、利用者の健康状態にあわせた保険商品の提案などに生かす。年内に健康アプリに搭載する考えだ。

フィンクが提供する利用者向けアプリなどで収集した健康データや行動履歴をブロックチェーン上に保存する。

スタートアップのブロックチェーンテクノロジーズ(BCT、東京・千代田)と連携し、運動や食生活など健康につながる行動をとっていれば保険料が安くなるようなサービスにつなげる。

病院や製薬会社などと提携する考えだ。現在の健康情報は病院ごとに管理システムが異なり汎用性がない。

電子カルテや処方薬の情報をブロックチェーンに記録すれば、適切な健康プログラムの提案などを提案できる可能性がある。

フィンクは医療費の削減などに健康データを活用できるとみる。

(日本経済新聞 2018/06/18)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-28

    1.生命保険は残されたご家族のその後の生活を支える

    平成26年簡易生命表の概況によると日本の男性の平均寿命は80.50歳、女性は86.83歳となっていま…
  2. 2018-6-14

    外貨保険のリスク説明徹底を

    国内の超低金利環境にもかかわらず、主な生命保険会社の業績が堅調だ。 高めの収益が見込める海外運用を…
  3. 2017-3-6

    3.相続税の負担軽減対策

    非課税財産 ・墓地、仏壇、仏像など日常礼拝の用に供するもの ・死亡保険金のうち一定金額(50…
  4. 2017-5-19

    第一生命、米VB支援企業と提携

    第一生命保険が米シリコンバレーでベンチャー企業の支援を手掛けるプラグアンドプレイと提携したことが18…
  5. 2018-3-5

    日生、米系生保の買収発表、「経営基盤強固に」

    日本生命保険は2日、中堅のマスミューチュアル生命保険を買収すると正式に発表した。 マスミューチュア…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る