日生、指紋・顔・声で契約者を識別

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険が生体認証による本人確認サービスを導入することが23日、分かった。

早ければ7月にも投入する新しいスマートフォン向けアプリに、指紋や顔、声で契約者を識別する機能を搭載する。

インターネット上の保険手続きに生体認証が導入されるのは、国内ではこれが初めてとみられる。

生体認証の機能をもつ新アプリはまず、保険契約を担保に融資する「契約者貸し付け」サービスの提供から始める。

年間で約45万件(約15万人)の利用を見込む。

画面上で指紋か顔、声のいずれかの方法による認証を選べるようにする。

将来は配当金の引き出しや住所変更、勤務先変更など、さまざまな手続きにも対象を広げる方針。

最終的に年間約300万件の手続きがこちらに置き換わる可能性がある。

少子高齢化などを背景に、国内の生命保険市場は販売競争が一段と厳しさを増している。

日本生命は保険手続きで必ず必要となる契約者番号などの個人情報を控えておく煩わしさをなくすことで、他社との差別化を図りたい考え。

情報漏洩(ろうえい)やなりすましのリスクにも備え、セキュリティー対策も強化する。

(フジサンケイビジネスアイ 2018/04/24)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-9-3

    日生、加入基準の緩和視野

    日本生命保険は、ビッグデータ(大量データ)の収集や分析などを行う「データサイエンティスト」の育成に乗…
  2. 2017-5-29

    生保、健康管理アプリ競う

    スマートフォンの便利なアプリを駆使し、消費者の生活習慣を点検したうえで、万が一のリスクを軽くできない…
  3. 2018-8-3

    日本生命、円建て貯蓄性保険を再開

    日本生命保険は1日、円建ての貯蓄性商品の取り扱いを再開した。 日銀がマイナス金利政策を導入したのを…
  4. 2018-5-18

    生活習慣病リスク予測 健診データAIが分析

    NTTとNTTデータは16日、糖尿病など生活習慣病の発症リスクを人工知能で予測するシステムを開発した…
  5. 2017-12-19

    生保各社、収益安定とサービス向上

    生命保険各社が、唾液などで病気かどうかが分かる簡易検査技術の確立や普及に向け、医療ベンチャーなどと協…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る