日生、指紋・顔・声で契約者を識別

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険が生体認証による本人確認サービスを導入することが23日、分かった。

早ければ7月にも投入する新しいスマートフォン向けアプリに、指紋や顔、声で契約者を識別する機能を搭載する。

インターネット上の保険手続きに生体認証が導入されるのは、国内ではこれが初めてとみられる。

生体認証の機能をもつ新アプリはまず、保険契約を担保に融資する「契約者貸し付け」サービスの提供から始める。

年間で約45万件(約15万人)の利用を見込む。

画面上で指紋か顔、声のいずれかの方法による認証を選べるようにする。

将来は配当金の引き出しや住所変更、勤務先変更など、さまざまな手続きにも対象を広げる方針。

最終的に年間約300万件の手続きがこちらに置き換わる可能性がある。

少子高齢化などを背景に、国内の生命保険市場は販売競争が一段と厳しさを増している。

日本生命は保険手続きで必ず必要となる契約者番号などの個人情報を控えておく煩わしさをなくすことで、他社との差別化を図りたい考え。

情報漏洩(ろうえい)やなりすましのリスクにも備え、セキュリティー対策も強化する。

(フジサンケイビジネスアイ 2018/04/24)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-7-17

    「健康・長生き」保険で後押し

    ​人生100年時代を迎え、健康に長生きしたい人を後押しする生命保険が相次いでいる。 第一生命保険は…
  2. 2017-4-7

    利益、海外比率倍に 明治安田、10年後めど15%

    ​明治安田生命の根岸秋男社長は6日、「10年後をめどに利益に占める海外事業の割合を15%程度まで高め…
  3. 2017-7-5

    認知症対応商品を積極開発 保険各社、賠償請求の高額補償など

    認知症の患者数が増える中で、保険各社が治療や介護のための出費に備えた商品を積極的に開発、販売している…
  4. 2017-3-8

    貯蓄性商品 保険料上げ 生保各社来月 運用利回り低迷

    生命保険各社は4月以降、「貯蓄性商品」の保険料値上げに一斉に踏み切る。 保険料の運用利回り低迷が背…
  5. 2018-3-26

    健康寿命延伸に貢献を~第一生命保険「ジャスト」~

    第一生命保険は生命保険業界で初めて、保険の契約時に健康診断書を提出するだけで保険料を割り引く商品を発…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る