日生、指紋・顔・声で契約者を識別

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険が生体認証による本人確認サービスを導入することが23日、分かった。

早ければ7月にも投入する新しいスマートフォン向けアプリに、指紋や顔、声で契約者を識別する機能を搭載する。

インターネット上の保険手続きに生体認証が導入されるのは、国内ではこれが初めてとみられる。

生体認証の機能をもつ新アプリはまず、保険契約を担保に融資する「契約者貸し付け」サービスの提供から始める。

年間で約45万件(約15万人)の利用を見込む。

画面上で指紋か顔、声のいずれかの方法による認証を選べるようにする。

将来は配当金の引き出しや住所変更、勤務先変更など、さまざまな手続きにも対象を広げる方針。

最終的に年間約300万件の手続きがこちらに置き換わる可能性がある。

少子高齢化などを背景に、国内の生命保険市場は販売競争が一段と厳しさを増している。

日本生命は保険手続きで必ず必要となる契約者番号などの個人情報を控えておく煩わしさをなくすことで、他社との差別化を図りたい考え。

情報漏洩(ろうえい)やなりすましのリスクにも備え、セキュリティー対策も強化する。

(フジサンケイビジネスアイ 2018/04/24)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-10

    コミュニケーションは受け手がきめる

    スマホが水没して使えなくなってしまいました。しばらく情報アナログ人間になりましたが、なぜか爽やかな時…
  2. 2018-7-10

    外貨建て保険販売提携 住友生命・ソニー生命

    住友生命保険は、保険販売でソニー生命保険と提携する。 ソニー生命の外貨建て保険を住友生命の販売網で…
  3. 2017-4-20

    生損保大手 中小向け保険で攻勢

    大手生損保会社が中小企業向け保険市場の開拓に動いている。 中小企業の保険市場は大手保険会社による開…
  4. 2018-8-23

    「節税保険」なお拡充

    大手生命保険の定期保険を巡り、販売現場で「節税」がPRされ、金融庁が一部の商品設計を問題視している。…
  5. 2017-7-27

    アフラック 日本法人化でガバナンス向上

    ​トップは語る  アフラック社長 古出 真敏さん(57) 東大卒。米コーネル大ロースクール卒。19…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る