第一生命、自社の不動産を起業支援施設に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命保険は自社で持つ不動産をベンチャー企業の起業支援施設として活用する。

運営会社と組んで12月上旬に福岡市内に施設を開き、他の地域でも開設を検討する。

有望なベンチャー企業を発掘し、投資する狙い。

保険とIT(情報技術)を組み合わせたインステックの展開につなげる。

福岡市では商業施設のアクロス福岡に起業間もないベンチャー企業やフリーランスなどが集まって作業する共用オフィスを設ける。

起業支援のfabbit(東京・千代田)が運営する。

(日本経済新聞 2018/12/03)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-3-2

    住生が代理店販売倍増

    住友生命保険は商品を拡充し、保険ショップや金融機関窓口など代理店を通じた保険販売を拡大する。 子会…
  2. 2018-9-25

    保険会社で健康チェック…血糖値など有料で測定

    ​明治安田生命保険は医療サービス会社「ケアプロ」(東京)と業務提携し、来年1月から、血液検査を中心と…
  3. 2018-1-26

    日生新社長「成長基盤を」 清水氏昇格発表 逆風下 手腕に期待

    ​清水新社長会見 販売競争力の向上▽ITなど先端技術を取り込んだ事業の変革▽グループ経営のさらなる…
  4. 2017-9-7

    日生、定年65歳に延長へ

    内勤1万5000人 33年度実施検討​ ​日本生命保険は5日、内勤社員の定年を60歳から65歳に引…
  5. 2017-3-1

    保険料1割値上げも

    かんぽ生命は28日、全ての保険商品の保険料を4月から見直すと発表した。 貯蓄性の高い終身保険は、1…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る