第一生命、自社の不動産を起業支援施設に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命保険は自社で持つ不動産をベンチャー企業の起業支援施設として活用する。

運営会社と組んで12月上旬に福岡市内に施設を開き、他の地域でも開設を検討する。

有望なベンチャー企業を発掘し、投資する狙い。

保険とIT(情報技術)を組み合わせたインステックの展開につなげる。

福岡市では商業施設のアクロス福岡に起業間もないベンチャー企業やフリーランスなどが集まって作業する共用オフィスを設ける。

起業支援のfabbit(東京・千代田)が運営する。

(日本経済新聞 2018/12/03)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-1-10

    生命保険で事業承継に備えを

    経営者に万が一のことがあった場合、中小企業を突然の危機から守るには何が必要かー。 民間調査会社が2…
  2. 2017-2-24

    ③プレゼンテーション・クロージングのポイントまとめ

    1、必要保障額や見込み客の意向に基づいて設計したプランであることをわかりやすく示し、必要な準備として…
  3. 2018-1-11

    2018成長への展望 機動的な新商品の供給体制を整える 日本生命保険社長 筒井義信さん

    ​三井生命との商品の相互供給は軌道に乗りつつある。 成果を見極めつつ、第2弾、第3弾へとつなげたい…
  4. 2017-8-24

    ネット生保巻き返しは

    ライフネット生命保険が開業10年目を迎えた。 生保のネット販売をはじめ、業界の常識への挑戦を続けて…
  5. 2018-3-8

    日生、ガリバー復権急ぐ、ドイツ銀系に出資、海外や窓販に力

    ​​日本生命保険がM&Aにひた走っている。 2日に米系マスミューチュアル生命保険の買収を発表したの…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る