外貨建て保険に太陽生命が参入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

T&Dホールディングス傘下の太陽生命保険は7月から、外貨建ての個人年金保険の取り扱いを始める。

銀行の窓口を通じて販売する商品で、契約時に全額を払う「一時払い」の商品にするなどシンプルな設計にしたのが特徴だ。

太陽生命では日銀のマイナス金利政策導入後に円建ての個人年金保険の取り扱いを停止。

外貨建て商品を投入し窓販をテコ入れする。

日本生命も20日、参加の三井生命が取り扱う外貨建て保険を日生の営業職員を通じて販売すると発表した。

10月から取り扱いを始める。

日生の営業職員が外貨建て保険を扱うのは今回が初。米ドルと豪ドルの2種類を用意する。

(日本経済新聞  2017/06/21)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-8

    三井生命と三井住友信託銀が新商品

    ​三井生命保険と三井住友信託銀行は7日、外貨を円に換算するレートを加入時を基準に固定することで、顧客…
  2. 2017-6-7

    日生、営業ノウハウ移植

    日本生命保険は2017年度中に、出資先であるインドネシアのセクイスライフの全拠点約200カ所に両社で…
  3. 2018-2-26

    日生、終身医療保険料を据え置き、死亡は引き下げへ

    日本生命保険は終身医療保険の保険料を据え置く方針だ。 4月に料率の基準となる標準死亡率が11年ぶり…
  4. 2017-3-3

    ②公的医療保険制度の全体像

    まず大切なことをお伝えします。国民年金って原則何歳から何歳まで加入でしたっけ? 原則20歳から60…
  5. 2018-5-7

    「健康増進」企業対象に 団体保険を「割引」 メンタル含め障害所得補償

    「健康経営」を実践する企業に対し、「団体長期障害所得補償保険」(GLTD)を割引 損保ジャパン日本…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る