生保 海外子会社トップに聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長引く低金利などから2010年代に相次いだ生命保険大手の海外での同業買収。

当時は「高い買い物」との見方や、契約者にどう利益還元するかを疑問視する声もあった。買収後、実際にどう相乗効果が出ているのか。海外子会社のトップに聞いた。

――第一生命ホールディングス(HD)の傘下に入って7年。どんな相乗効果が出ていますか。

「TALのイノベーションチームは保険とIT(情報技術)を組み合わせたインステックの取り組みで、第一生命保険や米国の傘下生保と密に連携している。TALは(現地大手の)カンタス航空と組み、健康への取り組みに応じてポイントがたまる仕組みを提供している。こうした異業種連携のノウハウを、グループ各社に応用できる」

「資産運用部門では(第一生命HDが出資する)英ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズに運用の委託を始めた。同社の実績が高かったためで、今では運用資産の半分以上を委託している」

――オーストラリアの金融ビジネスの環境は。

「大きな変革期を迎えている。生保は生保、銀行は銀行などと専門化が進む。総合的な金融サービスを提供する会社は弱くなっていく。過去に成功した戦略が今後も通じるとは限らない。顧客満足度を高めていけるかが大事だ」

(日本経済新聞 2018/12/06)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-11

    英生保に1200億円出資、MS&AD、欧州を開拓

    MS&ADインシュアランスグループホールディングスは、スイス再保険傘下の英生命保険リアシュア・ジャー…
  2. 2017-6-7

    日生、営業ノウハウ移植

    日本生命保険は2017年度中に、出資先であるインドネシアのセクイスライフの全拠点約200カ所に両社で…
  3. 2018-9-20

    認知症の保障 主契約に 太陽生命、業界初の保険

    太陽生命保険は18日、別の保険に加入することなく認知症の保障を受けられる業界初の認知症保険を10月に…
  4. 2017-8-3

    ”長生きするほど得する保険”10月投入 かんぽ、品ぞろえ拡充

    かんぽ生命保険の植平光彦社長は日刊工業新聞のインタビューに応じ、同社初となるトンチン型保険を10月に…
  5. 2018-8-27

    新たな付加価値の提供「健康促進型保険」とは?

    インシュアテックの発展と増加するニーズへの対応として、健康促進型の保険が増えてきています。 定期的…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る