白内障手術、支払い急増 生命保険会社の先進医療保障 対象から外す動きも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険会社の医療保険の「先進医療保障」で、白内障手術の支払件数が急増している。

高齢化で患う人が増え、医療機関も「医療費負担が減る」と保険を使うことを勧めるなどして手術件数が増えた。

支払いが生保の想定を大きく上回り、白内障手術を保障対象から外すなど、保険利用者のデメリットになる動きも出てきた。

先進医療では、費用が公的保険ですべてカバーできない。

高額の自己負担が必要になることもある。生命保険各社は自己負担分を保障する商品を月100~500円程度で販売しており、医療保険につける特約の形が多い。

こうした先進医療に保険が適用される手術で最近、白内障手術が急増している。

濁った水晶体の代わりにレンズの一種を入れる「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」で、1件あたりの先進医療費用は60万円程度。

ある生保では、先進医療特約で支払いが発生した件数の約9割が白内障手術だった。このうち加入から1年以内の支払いが約8割に上がっている。

生保関係者は「今後、保障対象外にしたり、保険料を引き上げたりといった動きが広がる可能性がある」と話す。

ただ、先進医療保障をうたっていながら例外をつくる対応には反発もある。同様の動きが広がるかが注目される。

(朝日新聞 2018/09/05)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-2

    はたらく 総合・一般職統合し育成

    ​従業員を、配置や昇給が異なる「総合職」や「一般職」などのコースに分ける「コース別雇用管理制度」。 …
  2. 2017-2-27

    1.人は希少性のあるものに価値を見出す

    金(ゴールド)が高いのは、その数自体が少ないためです。 鉄は数が多いため、格段に安い値段となります…
  3. 2017-6-27

    年代によって変わる女性の健康問題

    ⼥性の健康問題は年齢によっていろいろ起こってきます。 妊娠・出産 不妊症 卵巣がん …
  4. 2017-5-25

    保険料値上げ その後の戦略は  日本生命保険社長 筒井義信氏

    生命保険各社はこの春、貯蓄型の終身保険などの保険料を一斉に値上げしました。 保険料で預かったお金は…
  5. 2017-5-15

    リーダー育成に軸足(女性活躍第1位の第一生命は・・・)

    日本経済新聞と女性誌「日経ウーマン」による2017年の「女性が活躍する会社ベスト100」で、初の1位…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る