生保各社 資金運用先悩む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巨額資金を運用する生命保険各社が、運用先に悩んでいる。

超低金利の日本国債の運用が難しく外国債券の割合を増やしてきたが、米国の金利変動で運用コストがかさんでいる。

以前より利回りが上がった日本国債へ回帰する動きもあるが、金利水準が低いことは変わらず、運用環境は厳しい。

大手生保4社(日本、第一、明治安田、住友)の今年度下期(2018年10月~19年3月)の運用計画がこのほどまとまった。

上期と比べた日本国債への新規投資額は、日生と明治安田が「増加」、住友生命は「横ばい」。第一は「減少」だった。

超低金利の国債をあえて2社が増やすのは、日本銀行が7月に金融緩和策を修正し、金利上昇を容認したことが背景にある。

生保の運用が多い満期20年国債の最近の利回りは0・6%台で、日銀の政策修正前より0・1%幅程度上がった。

「積極的に国債を買いに行く水準ではまだないが、以前よりやや投資しやすくなった」(日本生命の秋山直紀・財務企画部長)

一方、各社が運用を増やしていた外債では異変が出ている。各社は外債投資の多くで、為替予約取引を活用して為替差損のリスクを回避(ヘッジ)している。

ただ、米国の長期国債の場合、最近は米国の短期金利が上昇して為替ヘッジのコストが上がり、長期債で得られる利ざやが目減りしている。

「消去法的に日本国債を選ばざるを得ない」(別の生保幹部)という。

(朝日新聞 2018/11/19)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-22

    相続・生前贈与の生命保険活用 目次

    相続・生前贈与の生命保険活用  目次 Ⅰ. 相続の基本   1.相続および相続税法改正の背景 …
  2. 2017-6-14

    ひまわり生命がクアオルト活動

    温泉×運動=健康経営ー。 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は温泉地で健康増進を目指す活動「クア…
  3. 2017-12-22

    第一生命、ミニ保険会社参入(専門会社買収へ)

    第一生命ホールディングス(HD)は来春にも、少額短期保険(ミニ保険)事業に参入する方針だ。 アイア…
  4. 2017-12-14

    乗り合い代理店へ高額手数料 生保各社が自粛方針

    ​生保各社は、保険の乗り合い代理店に対する過度な手数料支払いを自粛する方針を固めた。 自社の商品を…
  5. 2017-5-16

    第一生命、当期益29%増

    第一生命ホールディングスが15日発表した2017年3月期連結決算は、経常収益が前年比12.0%減の6…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る