FWD富士生命保険社長友野紀夫さん 日本へ親しみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FWD富士生命保険はAIG富士生命保険から1日に社名変更した。

「日本顧客への親しみを考え、富士の名を残した」と語るのは、社長の友野紀夫さん。​
 

アジアで保険事業を展開するFWDグループの傘下に入ったことで、「デジタルテクノロジーなど、アジアの進んでいる点を日本に導入していきたい」と意気込む。

今後は年4商品出す予定だ。

「販路開拓のため広告も積極的展開する」方針。


FWD富士生命リリース

https://www.fwdfujilife.co.jp/jp/release/2017/0901-1

(日刊工業新聞 2017/09/07)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-4-3

    認知症予防アプリ刷新 太陽生命

    ​T&Dホールディングスの太陽生命保険は、認知症予防に使える契約者向けスマートフォンアプリを刷新した…
  2. 2018-6-19

    分散型台帳に健康情報 FiNC、保険商品開発に活用

    スマートフォン(スマホ)用ヘルスケアアプリを提供するFiNC(フィンク、東京・千代田)はブロックチェ…
  3. 2018-7-10

    太陽生命、仏「グリーン・ローン」に30億円を融資 社会貢献と利回り両立

    T&Dホールディングス傘下の太陽生命保険が、仏銀行大手クレディ・アグリコル銀行が手がける「グリーン・…
  4. 2017-6-2

    ビッグデータ専門家を争奪

    大量の情報を収集・分析する「ビッグデータ」の活用が、保険業界に広がってきた。 ドライブレコーダーの…
  5. 2017-8-21

    保険料割引、アプリでクーポン

    健康を維持することで、節約につながるような保険商品が目立ってきた。 健康状態がよいほど安くなる医療…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る