FWD富士生命保険社長友野紀夫さん 日本へ親しみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FWD富士生命保険はAIG富士生命保険から1日に社名変更した。

「日本顧客への親しみを考え、富士の名を残した」と語るのは、社長の友野紀夫さん。​
 

アジアで保険事業を展開するFWDグループの傘下に入ったことで、「デジタルテクノロジーなど、アジアの進んでいる点を日本に導入していきたい」と意気込む。

今後は年4商品出す予定だ。

「販路開拓のため広告も積極的展開する」方針。


FWD富士生命リリース

https://www.fwdfujilife.co.jp/jp/release/2017/0901-1

(日刊工業新聞 2017/09/07)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-3-22

    生保、非競争分野を統合、大手6社の年金管理

    ​大手生命保険6社が団体年金を管理する事業を統合する。 各社とも競い合う必要がない「非競争領域…
  2. 2018-9-21

    診断の遅れ、保険で減らす 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命大場社長インタビュー

    超高齢社会になりました。長寿は喜ばしいですが、長生きのリスクに直面するようになりました。 生命保険…
  3. 2018-8-16

    主要生保、5社増収 4~6月 日生の総資産、初のかんぽ超え

    国内の主な生命保険会社8社の2018年4~6月期決算が10日、出そろった。 売上高に相当する保険料…
  4. 2018-5-9

    沖縄銀、生保全商品の申し込み電子化

    沖縄銀行は取り扱うすべての生命保険商品の申し込み手続きを、タブレット端末でできるようにした。 従来…
  5. 2018-2-20

    日生と明治安田、新卒採用に「専門人材枠」 営業現場配属経ず

    日本生命保険と明治安田生命保険が2019年4月入社の新卒採用から、総合職の中に専門人材採用枠を新たに…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る