FWD富士生命保険社長友野紀夫さん 日本へ親しみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FWD富士生命保険はAIG富士生命保険から1日に社名変更した。

「日本顧客への親しみを考え、富士の名を残した」と語るのは、社長の友野紀夫さん。​
 

アジアで保険事業を展開するFWDグループの傘下に入ったことで、「デジタルテクノロジーなど、アジアの進んでいる点を日本に導入していきたい」と意気込む。

今後は年4商品出す予定だ。

「販路開拓のため広告も積極的展開する」方針。


FWD富士生命リリース

https://www.fwdfujilife.co.jp/jp/release/2017/0901-1

(日刊工業新聞 2017/09/07)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-11-13

    くらしナビ ライフスタイル 保障対象広がる団信

    住宅ローンを組む際、セットで加入する団体信用生命保険(団信)が多様化している。 基本とする死亡・高…
  2. 2018-3-1

    生保タッグで対話強化、日生・第一など10社、投資先に改善促す

    日本生命保険や第一生命保険など生保10社が、投資先企業との対話強化へ連携する。 年度内にも投資先1…
  3. 2018-5-2

    生保、国債投資再開も、外貨コスト高でやむなく

    利回り低下による運用難を背景に減少が続いていた国債投資を生命保険会社が再開する可能性が出てきた。 …
  4. 2018-7-25

    第一生命、みずほ銀など4社が提携

    第一生命保険とみずほ銀行などは24日、「フィンテック」や「インシュアテック」と呼ばれる金融、保険とI…
  5. 2017-2-28

    3.営業セオリー

    生命保険営業では、上手にお客さまの問題点を指摘する方法として、営業セオリーが存在します。 生命保険…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る