議案反対 生保1~3% 株主総会 信託銀は14~16%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年6月末までに開かれた株主総会の議案に対する、大手信託銀行と生命保険会社7社の議決権行使状況が29日、出そろった。

生保の反対比率が1~3%台と信託銀行の14~16%台を大きく下回るなど、企業・業界ごとの違いも明らかになった。
 

​日本生命を除く6社が運用先企業の個別議案ごとの賛否を初めて公表し、4社で前年に比べて議案への反対比率が上昇した。

生保業界は反対率が信託に比べ大幅に低くなった理由について、「反対票を投じることも重要な意思表示だが、対話によって直接問題改善を働きかける手法も重要」(橋本生命保険協会長=住友生命社長)と強調しているが、経営監視の責任を果たしているかについて、丁寧な説明が求められそうだ。

(毎日新聞 2017/09/30)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-26

    生保、外貨建て商品に活路(明治安田など参入、貯蓄型の販売停止を補う)

    日銀のマイナス金利政策に伴う運用難で貯蓄型の保険商品の販売停止が続くなか、生命保険各社が外貨建て保険…
  2. 2018-3-13

    DWSに400億円出資

    ​日本生命保険は12日、ドイツ銀行傘下の資産運用会社であるドイチェ・アセット・マネジメント(DW…
  3. 2017-12-25

    保険会社が家事代行紹介(商品の付帯サービスに)

    ​​保険会社が家事代行会社と提携したというニュースを聞きました。 どんな意味があるのでしょうか。 …
  4. 2017-3-28

    生保、死亡保険料下げ、長寿化受け11年ぶり

    ​生命保険各社が2018年4月にも、死亡保障など主力商品の保険料を全面改定する見通しだ。 平均寿命…
  5. 2017-6-2

    ひまわり生命 全社員対象に郊外療養を導入

    ​損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険が、今年度から全社員を対象に郊外で療養する「クアオルト」を導入…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る