温暖化対策、生保の進む道は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豪雨に猛暑、洪水ーー。

足元の世界的な異常気象の背景にある地球温暖化防止機運の高まりが、国内生命保険大手の運用戦略に一石を投じている。

温暖化の原因とされる二酸化炭素を多く排出する石炭火力発電関連について日本生命保険と第一生命保険は新規の事業融資を停止すると表明した。

ただ日本特有の電力事情も絡み、扱いに悩む生保もある。

「気候変動への影響が大きい石炭火力関連事業の投融資は慎重に取り組まざるを得ない」。

7月、大阪市で開いた総代会で、日生の松永陽介常務は表明した。

第一生命も5月に「当社は石炭火力関連の投融資の実績はなく、今後も海外の新規案件については実施しない。」(畑中秀夫常務)と表明。

海外でも仏アクサや独アリアンツ、スイスのチューリッヒ保険などの大手が相次ぎ投資撤退を表明しており、日経生保も世界の潮流に合わせ始めたといえる。

(日本経済新聞 2018/08/22)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-2

    株主総会賛否 進む開示 信託銀や生保 投資先個別に 「顧客優先」強調

    ​信託銀行や生命保険会社など、顧客から預かったお金を企業に投資して運用する「機関投資家」が、投資先の…
  2. 2017-3-2

    ③お金をつかう

    2つ目としまして、皆さんの『つかう』というところ、日々のお金の使い道についてです。 色々使いたいこ…
  3. 2017-11-29

    マツキヨHD、保険販売(第一生命HDと提携)

    ​マツモトキヨシホールディングスと第一生命ホールディングスは業務提携する。 マツモトキヨシHDの…
  4. 2017-4-20

    生損保大手 中小向け保険で攻勢

    大手生損保会社が中小企業向け保険市場の開拓に動いている。 中小企業の保険市場は大手保険会社による開…
  5. 2018-3-12

    ネーミング大賞に「かんたん保険シリーズ ライト!By明治安田生命保険」表彰

    日刊工業新聞社は8日、東京・飯田橋のホテルグランドパレスで「2017年第28回読者が選ぶネーミング大…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る