温暖化対策、生保の進む道は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豪雨に猛暑、洪水ーー。

足元の世界的な異常気象の背景にある地球温暖化防止機運の高まりが、国内生命保険大手の運用戦略に一石を投じている。

温暖化の原因とされる二酸化炭素を多く排出する石炭火力発電関連について日本生命保険と第一生命保険は新規の事業融資を停止すると表明した。

ただ日本特有の電力事情も絡み、扱いに悩む生保もある。

「気候変動への影響が大きい石炭火力関連事業の投融資は慎重に取り組まざるを得ない」。

7月、大阪市で開いた総代会で、日生の松永陽介常務は表明した。

第一生命も5月に「当社は石炭火力関連の投融資の実績はなく、今後も海外の新規案件については実施しない。」(畑中秀夫常務)と表明。

海外でも仏アクサや独アリアンツ、スイスのチューリッヒ保険などの大手が相次ぎ投資撤退を表明しており、日経生保も世界の潮流に合わせ始めたといえる。

(日本経済新聞 2018/08/22)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-2

    ひまわり生命 全社員対象に郊外療養を導入

    ​損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険が、今年度から全社員を対象に郊外で療養する「クアオルト」を導入…
  2. 2018-8-30

    女性向けがん保険 ひまわり生命今日発売

    損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は、女性向けのがん保険「リンククロス ピンク」を29日に発売する…
  3. 2017-5-19

    既婚者の小遣い、過去最低の2.5万円

    ​明治安田生命保険が18日までにまとめた家計に関するアンケートによると、既婚者の小遣いは月平均で2万…
  4. 2017-3-13

    聞くちから

    今、あなたが置かれている環境は、「話しやすい」空間でしょうか。 とても話しやすい環境だとしたら、周…
  5. 2017-6-7

    上智大と組み長期インターン

    第一生命ホールディングスは約1か月間の長期インターンシップ(就労体験)制度を導入する。 ​まず上智…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る