新トップに聞く 第一生命ホールディングス 稲垣精二氏54 「若年層向け商品 強化」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内市場の縮小には、10年かけて事業を多様化してきた。

超低金利での運用については、魅力的な案件を見つける力がついている。

ーー人口減など国内市場の縮小にどう対応するか。

◆約10年かけて事業を多様化してきた。その効果が出始めている。

第一生命は主力の死亡保険だけでなく、ケガや病気などに備える保障型保険商品に力を入れ、収益源となった。

ネオファースト生命は、若年層が多く利用する「来店型の代理店(保険ショップ)」向けの商品開発に強みを持つ。

業務提携したかんぽ生命には、中小企業の経営者向け商品を販売してもらっている。経済成長が続く新興国でもビジネスは好調だ。

(読売新聞 2017/08/17)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-8-30

    チューリッヒ生命 終身医療保険の保険料引き下げ

    チューリッヒ生命保険は、9月2日から終身医療保険2商品の保険料を見直し、30-40代が加入しやすい価…
  2. 2017-12-19

    日生出資のインドネシア生保 中間層開拓新規契約3倍

    日本生命保険が20%出資するインドネシアの生命保険「セクイスライフ」は中間所得層の開拓を加速、201…
  3. 2018-3-26

    日生 農地投資参入へ

    ​日本生命保険は、農地の購入や開発を手がけるファンドに投資する方針を明らかにした。 日本銀行のマイ…
  4. 2017-12-1

    RPA・AIで「働き方改革」

    ​データ取得や入力、確認などの作業を人間の代わりに行う、ロボティック・プロセス・オートメーション(R…
  5. 2017-5-8

    生保各社の「イデコ」 独自サービスで差別化

    生命保険会社が個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)の取り組みを強化している。 ​ イデコは加入…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る