新トップに聞く 第一生命ホールディングス 稲垣精二氏54 「若年層向け商品 強化」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内市場の縮小には、10年かけて事業を多様化してきた。

超低金利での運用については、魅力的な案件を見つける力がついている。

ーー人口減など国内市場の縮小にどう対応するか。

◆約10年かけて事業を多様化してきた。その効果が出始めている。

第一生命は主力の死亡保険だけでなく、ケガや病気などに備える保障型保険商品に力を入れ、収益源となった。

ネオファースト生命は、若年層が多く利用する「来店型の代理店(保険ショップ)」向けの商品開発に強みを持つ。

業務提携したかんぽ生命には、中小企業の経営者向け商品を販売してもらっている。経済成長が続く新興国でもビジネスは好調だ。

(読売新聞 2017/08/17)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-8-4

    病気とお金を考える

    身近な病気と言われている「がん」についてのお話。 現代では、おおよそ2人に1人が、がんと診断され、…
  2. 2018-1-15

    FPの立場に加えて、IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)の立場を持つ

    FPとしてお客様とかかわっていく上でお客様の人生に対してリスクマネジメントの提案を行うことは大切です…
  3. 2017-9-22

    仮想ロボ導入 生損保で続々

    保険会社で、定型的な事務作業を自動化するコンピュータプログラム「RPA」の導入が活発だ。​ 日本生…
  4. 2018-9-12

    国立がん研 3年後がん生存率を初公表 全体で71%

    国立がん研究センターは11日、2011年にがんと診断された人の3年後の生存率を初めて公表した。 こ…
  5. 2018-4-24

    日生、指紋・顔・声で契約者を識別

    ​日本生命保険が生体認証による本人確認サービスを導入することが23日、分かった。 早ければ7月にも…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る