トップは語る 三井住友海上プライマリー生命保険社長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

​~ 外貨建て商品販売でトップ目指す ~

三井住友海上プライマリー生命保険社長 永井 泰浩さん(59)

ーーー支持されている理由は

「当社のお客さまは平均年齢でいえば60代半ばの方が比較的多い。資産の移転や相続や贈与の機能が重視されている。例えば主力商品の『やさしさ、つなぐ』であれば、生存給付金の機能があり、毎年一定額の生存給付金を指定した方が受け取れる点を評価いただいている」

ーーー金融庁が求めている顧客本位の対応については

「資産形成型の商品を主な事業としているので、当社の大きな課題だし、業界としても率先しなければならない。説明資料とかの高齢者対応の強化も重要になる。」

(フジサンケイビジネスアイ 2017/04/27)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-1

    4.安定成熟期

    4.安定成熟期 安定成熟期とは成長期を経て、多少の経営上のリスクがあっても、会社の体力で事業が…
  2. 2018-3-26

    日生 農地投資参入へ

    ​日本生命保険は、農地の購入や開発を手がけるファンドに投資する方針を明らかにした。 日本銀行のマイ…
  3. 2017-4-25

    明治安田生命、新中計始動 商品開発M&A積極化

    明治安田生命保険は2019年度に保険料等収入や基礎利益をそれぞれ20%アップを目指す新たな中期経営計…
  4. 2018-1-29

    楽天、損保に参入

    楽天は野村ホールディングス傘下の損害保険会社、朝日火災海上保険を買収する。 400億~500億円を…
  5. 2017-12-8

    睡眠中に息が止まる!?

    睡眠時無呼吸症候群について 睡眠時無呼吸症候群(英語ではSleep Apnea Syndromeと…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る