トップは語る 三井住友海上プライマリー生命保険社長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

​~ 外貨建て商品販売でトップ目指す ~

三井住友海上プライマリー生命保険社長 永井 泰浩さん(59)

ーーー支持されている理由は

「当社のお客さまは平均年齢でいえば60代半ばの方が比較的多い。資産の移転や相続や贈与の機能が重視されている。例えば主力商品の『やさしさ、つなぐ』であれば、生存給付金の機能があり、毎年一定額の生存給付金を指定した方が受け取れる点を評価いただいている」

ーーー金融庁が求めている顧客本位の対応については

「資産形成型の商品を主な事業としているので、当社の大きな課題だし、業界としても率先しなければならない。説明資料とかの高齢者対応の強化も重要になる。」

(フジサンケイビジネスアイ 2017/04/27)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-12-4

    ネットでお薦めの保険助言 三菱」UFJ地銀に提供

    「ロボアドバイザー(ロボアド)?」 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、顧客がネット…
  2. 2018-6-14

    外貨保険のリスク説明徹底を

    国内の超低金利環境にもかかわらず、主な生命保険会社の業績が堅調だ。 高めの収益が見込める海外運用を…
  3. 2017-6-27

    第一生命HD 保険とIT融合 最優先で推進

    第一生命ホールディングスは26日、都内で定時株主総会を開いた。 稲垣精二社長は「インステック(保険…
  4. 2018-1-4

    乗合代理店報酬にメス 過度なキャンペーン抑制

    生命保険業界で2018年から、保険ショップなど乗合代理店報酬を見直す動きが広がりそうだ。 生命保険…
  5. 2017-6-21

    日生、外貨建て保険の扱い10月開始

    日本生命保険は20日、10月から営業職員が外貨建て保険の取り扱いを始めると発表した。 比較的高い利…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る