トップは語る 三井住友海上プライマリー生命保険社長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

​~ 外貨建て商品販売でトップ目指す ~

三井住友海上プライマリー生命保険社長 永井 泰浩さん(59)

ーーー支持されている理由は

「当社のお客さまは平均年齢でいえば60代半ばの方が比較的多い。資産の移転や相続や贈与の機能が重視されている。例えば主力商品の『やさしさ、つなぐ』であれば、生存給付金の機能があり、毎年一定額の生存給付金を指定した方が受け取れる点を評価いただいている」

ーーー金融庁が求めている顧客本位の対応については

「資産形成型の商品を主な事業としているので、当社の大きな課題だし、業界としても率先しなければならない。説明資料とかの高齢者対応の強化も重要になる。」

(フジサンケイビジネスアイ 2017/04/27)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-3

    2.老後生活資金の準備について

    人生のリスク、保険設計をするうえで考えなければならない2つのリスクがあります。 まず1つ目は、早期…
  2. 2017-3-21

    作業中のストレスチェック

    三井住友海上 スマホアプリ開発 ​三井住友海上火災保険が作業中のストレスや健康状態をチェックする機…
  3. 2017-3-23

    著者登場 『50歳からの出直し大作戦』 ライフネット生命保険会長 出口治明氏

    新たな出会い待つ 人生の黄金期 人生の黄金期、いい言葉ですね。寿命の延びとともに、人生の黄金期も後…
  4. 2017-8-16

    生保6社で収入減 保険料値上げ響く

    ​生命保険会社7グループの2017年4~6月期決算が9日、出そろった。 売上高に相対する保険料等収…
  5. 2018-2-26

    日生、終身医療保険料を据え置き、死亡は引き下げへ

    日本生命保険は終身医療保険の保険料を据え置く方針だ。 4月に料率の基準となる標準死亡率が11年ぶり…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る