くらしナビ ライフスタイル 保障対象広がる団信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅ローンを組む際、セットで加入する団体信用生命保険(団信)が多様化している。

基本とする死亡・高度障害だけでなく、病気による就業不能など保障対象が広がっている。
 

​かつては死亡・高度障害のみが保障対象だったが、団信を主力とするカーディフ生命が2001年、がんと診断された場合のローン残高がゼロになる保障付きの提供を始め、その後、他の疾病にも広がった。

がんと診断されると残高がゼロになり、脳卒中、急性心筋梗塞、高血圧、糖尿病、肝硬変、慢性腎不全、慢性膵炎を加えた「8大疾病」などで一定条件を満たすとその月の返済を免除し、さらにそれが一定期間続いた場合に残高をゼロとするのが代表的。

静岡銀行、千葉興行銀行、住信SBIネット銀行、りそな銀行・埼玉りそな銀行、みずほ銀行の団信が紹介されている。

(毎日新聞 2017/11/12)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-9

    トップは語る ひまわり生命

    ~ ​利益と保有契約 20年代早期に倍増 ~ 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険社長 高橋 薫さ…
  2. 2018-9-18

    がん新患者101万人

    ​国立がん研究センターは15日、2018年に新たにがんと診断される人は国内で101万3600人という…
  3. 2017-8-21

    保険料割引、アプリでクーポン

    健康を維持することで、節約につながるような保険商品が目立ってきた。 健康状態がよいほど安くなる医療…
  4. 2017-2-21

    6.今できることは何ですか

    自分と未来は変えられる。 自分で変えられるものは、「思考・行動・未来」です。 では、あなたが…
  5. 2017-2-28

    3.営業セオリー

    生命保険営業では、上手にお客さまの問題点を指摘する方法として、営業セオリーが存在します。 生命保険…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る