生保、中小企業向け強化 成長市場 新商品投入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険各社が、中小企業向けの営業強化に乗り出している。

これまで大同生命やエヌエヌ生命が市場をリードしてきたが、住友生命が4月から本格参入するなど、個人向け主体の大手生保が相次いで商品を投入する。

スポンサーリンク


 
​住友生命は4月からエヌエヌ生命と提携し、同社の2商品の販売を始める。今後2~3年で1万2000件の販売を目指す方針だ。

最大手の日本生命も4月、事業継承資金の確保に重点を絞り、保険料負担を抑えた新商品を発売する。

三井生命も商品改定を行い、経営者が就業不能に陥った場合の備えを強化する。

(毎日新聞 2017/03/28)

​住友生命プレスリリース http://www.sumitomolife.co.jp/about/newsrelease/pdf/2016/170309.pdf

日本生命プレスリリース http://www.nissay.co.jp/news/2016/pdf/20170316.pdf

三井生命プレスリリース http://www.mitsui-seimei.co.jp/corporate/news/pdf/20170308_1.pdf

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-10-25

    定年延長シニアを生かす 明治安田/日生 豊富な経験・知識が魅力

    人手不足や技能承継などを背景に定年を一般的な60歳ではなく、65歳以上に引き上げる企業が増えている。…
  2. 2018-11-13

    生保 相次ぎ健康増進型

    ​健康診断や運動を促し顧客に健康になってもらう「健康増進型」の分野に大手生命保険会社が出そろう。 …
  3. 2018-11-28

    生保シニア現役長く 定年、60歳から65歳に/「役職定年」を廃止

    生命保険各社で、定年を見直す動きが加速している。 日本生命保険や明治安田生命保険が現在の60歳から…
  4. 2017-3-2

    ④お金をまもる

    65歳までに3,000万円を目指して、皆さんが月々4万4000円ずつ、30歳からコツコツコツコツ運用…
  5. 2018-1-26

    日生新社長「成長基盤を」 清水氏昇格発表 逆風下 手腕に期待

    ​清水新社長会見 販売競争力の向上▽ITなど先端技術を取り込んだ事業の変革▽グループ経営のさらなる…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る